カレンダー

2010
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Hear Wing Dun

使いやすく鱒達を魅了し続けるヘアーウイングダン 以前はコンポラ

ダンちゅうふうに言われちょったが・・・・作者はアル・コーチ

σ( ̄∇ ̄o)の記憶が正しければ 1978年のアメリカの雑誌

FFマガジンに載っていた そん時にゃ へぇ〜こねいなフライで

釣れるんかのぅ と思った

     クリックすると元のサイズで表示します

フックにファンデーションした後 ボディ材で小さなコブを作る

     クリックすると元のサイズで表示します

ムースボディヘアを2本用意しフックに取り付ける コブのところで

押し付けながら 左右にV字にする

     クリックすると元のサイズで表示します

アイから2/5ぐらいの位置に細くて硬めのエルクを取り付ける

正式にはコースタルディアじゃが σ( ̄∇ ̄o)はエルクの方が

好みじゃ これがウイングになる 長さはボディより多少短め

     クリックすると元のサイズで表示します

ボディ材をスレッドに絡ませ 残りのボディを巻く 倒れている

ウイングの前をしっかり巻き ウイングを立たせる フィニッシュ後

ウイングを手で左右に開いて出来上がり

綺麗に巻くコツは ファンデーションをしっかり行うこと

でないとウイングを取り付けたときにフックの上にエルク若しくは

コースタルディアが取り付かなくなるけぇ

耐久性があり 浮力も結構ある 若干空気抵抗があるが 

まぁ使いやすいフライじゃけぇ お試しあれ (d ̄▽ ̄)


http://genesis-ot.jp/

14
投稿者:GENE
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ