カレンダー

2010
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Tube Flies T

スペイやストリーマーなどで使われるチューブフライ ドライの

ゲームしか しちょらん方には馴染みが薄いとは思うが.......

チューブフライにはボディーが主に4種類ある

     クリックすると元のサイズで表示します

チューブフライをバイスに止めるには専用のツールもあるが

簡単なのは 弧を描いたフックのアイの部分をカットした物が

安くて便利ぢゃろう

     クリックすると元のサイズで表示します

折損させたフックをバイスに固定し チューブのボディを差し込む

     クリックすると元のサイズで表示します

ボディにファンデーションしちょく 後ろの部分は5〜7mm程度

空けちょく

     クリックすると元のサイズで表示します

チューブにマイラーチューブを取り付けちょく

     クリックすると元のサイズで表示します

今回獣毛にフォックスを使うが 別の獣毛でもええ アンダーウイング

を取り付け固定する

     クリックすると元のサイズで表示します

チューブの上部へウイングとしてフォックスを乗せて固定する

アンダーウイングより長めに取り付ける

     クリックすると元のサイズで表示します

取り付けたウイングの上に色違いのフォックスを乗せ 固定する

     クリックすると元のサイズで表示します

ジャングルコックをサイドに取り付けフィニッシュする

     クリックすると元のサイズで表示します

フライを使用する場合 リーダーを差込みシリコンチューブを

リーダーに通してトリプルフックにリーダーを結びつける

リーダーを引っ張り チューブにシリコンチューブを刺し 更に

トリプルフックを差し込む つまりシリコンチューブでフックと

ボディをジョイントさせて使う


チューブの種類は プラスティック・アルミ・真鍮・銅の4種類

同じ長さだったら この順番で重くなる 重いものは沈めたい時

流れが速いときなどに使う ただしロッドによっては重すぎて

キャストが出来ない場合があるので あらかじめ投げてみること

が大切ぢゃろぅ


http://genesis-ot.jp/index.html

10
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ