カレンダー

2010
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Orange Sedge

ウエットフライのスタイルぢゃぁ 古典的スタイルと言われちょる

オレンジ・セッジ 今日はオレンジ・セッジのタイイング

     クリックすると元のサイズで表示します

ウエット用フックか サーモンフックにファンデーションをし

ゴールドのオーヴァルティンセルを取り付け3回転させバット部分を

巻く

     クリックすると元のサイズで表示します

ゴールデンフェザントのボディ部分にある レッドのバックフェザー

をバットの後ろに取り付ける 無い場合はオレンジのフロスでも可

     クリックすると元のサイズで表示します

オレンジのサーモウエッブ若しくは オレンジのシールズファーを

スレッドに巻きつけボディを作る

     クリックすると元のサイズで表示します

その上からゴールドのオーヴァルティンセルでリブを作る

     クリックすると元のサイズで表示します

スペックルフェザントのテールのカヴァーウイングでウイングを作る

無い場合ブロンズマラードのロールウイングでも可

     クリックすると元のサイズで表示します

クック・デ・レオンのハックルを取り付ける

     クリックすると元のサイズで表示します

ハックルの裏側がベントのほうを向くように巻き付ける

     クリックすると元のサイズで表示します

オレンジ・セッジの完成 このパーマハックルタイプのウエット

フライは古典的なパターンと言われちょる 完成したフライを見て

もらえば判ると思うが ハックルの向きを反対にし テールを長めに

付けて ウイングをエルクなどの浮力のあるものに変えれば

ドライフライになる もうお分かりと思うがウエットフライから

進化した物がドライフライなんぢゃ ドライフライの独自の進化は

パラシュートフライなんぢゃ 今までに無かった巻き方

ハックルをフックと平行に取り付けるちゅうことで独自の進化を

させた アイデアがすんばらしいのぅ


http://genesis-ot.jp/index.html

11
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ