カレンダー

2011
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

さや侍

伊香藩水位微調役・野見勘十郎は ある出来事をきっかけに

刀を捨て無断で脱藩した 一人娘のたえと共に流浪の旅を続けて

いた 勘十郎の首には懸賞金がかけられ 三味線のお竜・二丁

短銃のパキュン・骨殺師ゴリゴリといった賞金稼ぎから逃れ続ける

毎日だった

クリックすると元のサイズで表示します


ある日遂に多幸藩の追っ手によって捕らえられてしまった 多幸藩

の殿様が勘十郎に三十日の業を課した 母君を失った悲しみで

笑顔をなくした若君を 一日一芸で三十日の間に笑わせられたら

無罪放免 万一出来なければ切腹という処罰だった

クリックすると元のサイズで表示します


翌日から侍にとって生き恥をさらすのに似た 三十日間の試練が

始まった 殿様と若君・家老らを前にお白州で芸を披露する勘十郎

色々な芸を見せるものの若君に笑いはない たえは勘十郎の無能

な芸に我慢がならず 牢屋敷の中で親子喧嘩を繰り返す・・・・・

そんな二人を見かねた見張り番の倉之助と平吉は 勘十郎に芸を

授け始める

クリックすると元のサイズで表示します


だが十五日を過ぎても 若君に笑う気配は見られなかった ある日

勘十郎の芸を披露した時 そのあおりを受け 若君は手に怪我を

負ってしまった たえは倉之助の助けを借りて若君の部屋を密かに

訪問し薬草を渡した たえは若君と同じように自分も流行病で母上

を亡くしたことを告げた 更にそれ以来 父親である勘十郎は刀を

手にしなくなり さやだけ腰にさしていると告白する

クリックすると元のサイズで表示します


そして三十日の業も遂に最終日を迎える・・・・ 勘十郎とたえは?

如何なる結末へ進むのであろうか?

お笑いコンビ ダウンタウンの松本人志が 自身初の時代劇に挑む

監督作第3作ぢゃ 俳優経験皆無の素人野見隆明を主演に

抜てきし 見事に演技で応えている映画ぢゃろぅ 最後に思わぬ

展へと向かう 面白い映画ぢゃ 見て無い人は ドゾ(*´∀`)つ


http://genesis-ot.jp/index.html

8
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ