カレンダー

2011
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

九州南西海域工作船事件

10年前の今日 衝撃のニュースが飛び込んできた 12月21日

16時32分 鹿屋航空基地所属のP3C哨戒機が 東シナ海の九州

南西海域において長漁3705と記された不審な船を発見した 

一報は17時30分に防衛庁長官に 18時頃には内閣総理大臣

秘書官 内閣官房長官秘書官にも伝えられた

防衛庁はP3Cが撮影した画像を解析し 対象船舶は北朝鮮の

工作船の可能性が高いと判断 翌12月22日1時に防衛庁長官に

工作船の可能性が高いとの分析結果が報告さた 1時10分 内閣

総理大臣秘書官 及び内閣官房長官秘書官が 海上保安庁に

通報した

クリックすると元のサイズで表示します

   http://www.youtube.com/watch?v=pIrWmisKUBs

結果は皆さんご存知も通りである 装備などを見てわかるように

クリックすると元のサイズで表示します


北朝鮮工作船に装備されていた機関砲は 古いソビエト時代の

過去の遺物 まして船内に隠し甲板に引いたレールの上をスライド

させて取り出す 海上保安庁の機関砲はこのように手で操作する

ものとは違い レーダーとコンピュータが連動して百発百中 皆さん

もテレビのニュースで見たはずぢゃ 

クリックすると元のサイズで表示します


このような半世紀以上前の兵器を装備させ 無謀な作戦 

ましてや自国の防衛でもなく 他国に対し侵略破壊活動を

国の若者に命令し  若き兵士の命を粗末にしたうえ 国際法を

守らない暴挙である ある意味宣戦布告ともいえる行動だ

今金正日が死亡し 金正恩が継承するが不穏な北朝鮮国内だから

より一層の監視を国にお願いしたい 断固たる措置で自国守る

意思を知らしめて欲しい


http://genesis-ot.jp/index.html

10
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ