カレンダー

2013
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

茶合 U

以前にも書いたが 別の茶合のことについて今日は書きまする

お茶は昔中国から伝わった歴史がある ぢゃけど茶合ちゅ〜んは

日本独自の文化なんぢゃ

クリックすると元のサイズで表示します


この茶号は σ( ̄。 ̄)が持っちょる爺さんの遺産の中で唯一

加工が施されちょる 竹の表面に彫刻されちょる物なんぢゃ

クリックすると元のサイズで表示します


あたかも山水画の様になっちょります まるで茶色の水墨画の

雰囲気がある 茶合は江戸時代中期 売茶翁が茶葉の量と投入の

便宜のために この道具を考案したというのが定説となっちょる

クリックすると元のサイズで表示します


質素清貧をモットーとする売茶翁考案のため 竹を2つか3つ

適当な大きさに 割っただけの簡単な物であったといわれちょる

そして この形状が現在も受け継がれちょるが 一般家庭では

遥か昔に忘れ去られ 時代とともに消えた感がある ぢゃが煎茶

が好きな方には 受け継がれちょる文化ぢゃ 今でも売られちょる

けぇのぅ・・・


http://genesis-ot.jp/
11
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ