カレンダー

2013
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

天安門事件

1989年の今日天安門事件があった 記憶に残っちょる人も多いと

思うが・・・ 天安門事件は無抵抗な学生たちを 人民解放軍が武力

で鎮圧した という感覚で考えちょった 今日天安門事件を書くに

当たり 詳しく調べた結果 違う見解が出てきしも〜た

クリックすると元のサイズで表示します


当時の中国はお金という価値がなかった つまり社会主義の特徴

ぢゃった配給制度・分配制度というのが中国では当たり前ぢゃった

天安門事件は 特に学生から始まった運動ということ 中国の分配

制度を説明すると 進学先も卒業後の就職も国が決める・・・・

ちゅ〜もんで それは全国に優秀な人材を分配する目的ぢゃった

成績優秀で医者になりたいちゅ〜学生が 成績優秀というと 学生

の地元の状況だけで判断され 北京大学に進学を分配されることも

極端な話学部は医学部ではなく 勝手に経済学部に分配され 就職

は地元や国家判断で 学生の地元に強制送還して 与えら得た職場

はその土地の国営か 政府関連の役場の事務員など・・・・

当時の中国はそのような進路が分配制度ぢゃった

クリックすると元のサイズで表示します


そんな中 軍の私物化の是正 国営企業の是正 進学の自由と

職業選択の自由を求めてた学生が 燃え上がった学生運動は 

いみじくも 改革開放の走りで 西側の制度が人民にも知られる

様になった時 社会主義からの転換である時期と 西側の民主

資本主義の影響が衝突し 天安門の学生運動の原動力となった

ものぢゃった 学生運動に対応する政府の意見も二分した 学生

擁護の意見も多く 北京市民も学生に同情的ぢゃった

クリックすると元のサイズで表示します


擁護の意見も多く やがて群衆心理に酔いしれた学生から 火炎瓶

でいかに攻撃するか 破壊活動を行うか・・・ はじめは恐怖心や

罪悪感があったものが エスカレートし静止した解放軍を袋叩きに

それで罪悪感と自制心が薄れていく 学生の未熟さで感化伝染力

作用がはたらいた


それに対して 解放軍はなすすべがない 解放軍兵士は あくまで

団体を崩さず 武器などを使わず 棒や小競り合いでの静止をする

ぐらい 軍隊からちょっと離れた兵士は 徹底的に学生にリンチを

受けていた 丸腰の民主運動の学生を弾圧じゃなく 武器あるけど

使えない解放軍兵士に徹底的に暴力を振るった学生というのが

天安門広場や長安街の風景であり 学生以外の人の意見ぢゃった

クリックすると元のサイズで表示します


そして中国政府は 6月4日いよいよ暴徒化する学生の被害が

これ以上に長期化し 拡大化をとめられないという判断で 戒厳令

の部隊は一部の鎮圧を断行した 更に対決姿勢を強めた学生の

一部の方々が亡くなられた 勿論少なくはない


そして天安門事件が起った後 1991年に分配制度が廃止され 

軍は各部隊に分けられた


個人的には中国政府を擁護する気はないが 色々と報道された

中で このような記事があり意外な一面を見た気がした

各自がどう捉えようと自由である 武力で無残に学生を殺したと

判断されても構わないだろう


http://genesis-ot.jp/
12
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ