カレンダー

2013
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

謎 ?????????

今年の8月11日 ペンシルバニアUFO研究所のディレクター

ブッチ・ウィトコフスキーは ある一通の奇妙なメールを受け取った

差出人はハミドGと名乗るイラン人・・・・・・・・・・・・・・・

奇妙な生物の死体を発見しました この生物はまるで人間のようで

全長はわずか7センチ ひじょうに大きな目 黄色の皮膚 身体より

大きな頭部があります また野生動物のような歯・短い髪・

たくましい筋肉の身体を持っています この死体は凍っておらず

気温が高い中でも悪臭はなく 腐敗もしませんでした

クリックすると元のサイズで表示します


その大きさから 宇宙人というより 日本での目撃例が多い

小さいおじさんのほうが近いように思えるが詳細は不明だ 

ちなみに似たような 小型ミイラは2003年にチリのアタカマ砂漠で

発見されている

クリックすると元のサイズで表示します


このときの小型ミイラは体長が約15センチ アタカマ・ヒューマノイド

と命名され 米スタンフォード大学の正式な調査まで受けている

そしてDNA鑑定や エックス線検査を経て弾き出された結果は

なんと猿やエイリアンではなく 人間だったという・・・・・・

この胎児サイズで生み出され 6〜8年は生きていたことが判明

呼吸をして 食物を取り入れて 代謝した形跡が残っていたと

いうのだ 世界には未解決・未確認の生き物がいるのだろうか?


台風の被害は大丈夫でしたか?


http://genesis-ot.jp/
6
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ