カレンダー

2013
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Historia de un amor

Historia de un amor・・・・イストリア デ ウナ アモール 邦題では

ある恋の物語 この曲はトリオロス・パンチョスが有名ぢゃ

時は1955年 パナマ人のカルロス・エレータ・アルマランの作詞

作曲の曲ぢゃ 作曲者自身の兄弟の妻の死の後に書かれた歌と

記している 今宵はトリオロス・パンチョスぢゃぁなくルイス・ミゲル

でお贈りしよぅ

クリックすると元のサイズで表示します

       http://www.youtube.com/watch?v=MG42h0RQut0

Ya no estás más a mi lado, corazón, en el alma sólo tengo soledad

y si ya no puedo verte por pué Dios me hizo quererte

para hacerme fufrir más?


Siempre fuiste la razón de mi existir,  adorarte para mí fue religión

y en tus besos yo encontraba  el calor que me brindaban

el amor y la pasión.



Es la historia de un amor como no hay otro igual,

que me hizo comprender todo el bien, todo el mal,

que le dio luz a mi vida,  apagándola después,

¡ay!, qué vida tan oscura,  sin tu amor yo viviré. ♪


あなたはわたしのそばにいない 心のひとよ

わたしにはただ孤独だけがある そしてもう会えないというのに

どうして神はわたしにあなたを愛させたのか わたしの苦しみを

もっと大きくしようとして・・・・

いつもあなたはわたしの生きがいだった 君を崇めることは

わたしにとって宗教だった そしてあなたのキスの中に わたしは

見つけていた 愛と情熱が与えてくれるあのぬくもりを・・・・


それはひとつの愛の物語 同じもののない ただひとつの物語

わたしにわからさせてくれた すべての良いものすべての悪いもの

わたしの人生に光を与えた そのあとで消してしまいながら

なんという暗い人生を 君の愛なしでわたしは生きていくのだろう


クリックすると元のサイズで表示します


誰しも若かりし頃 失恋の一つや二つは経験したぢゃろぅ・・・・

この曲は そんなフラれた人 別れた人を思い浮かべながら聴いて

欲しい・・・ 幸いに一度も失恋経験のないモテる人には理解出来ん

かも知れんが・・・ たまには哀愁に身を委ねるのもえ〜かも知れん

秋ぢゃけぇのぅ・・・・・


クリックすると元のサイズで表示します


http://genesis-ot.jp/
5
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ