カレンダー

2013
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Dr Slick Fishing Plier

ルアーにしろ フライにしろ ヒットした魚からフックを外さん

にゃぁいけん・・・・ ドライや渓流のルアーぢゃとフォーセップ程度で

えかろぅが 本流や遡上性の大型魚や 湖ではフック自体も大きゅう

なる フォーセップぢゃと些か外しづらい

クリックすると元のサイズで表示します


σ( ̄。 ̄)は対象魚とフィールド・ルアーで使い分けちょります

ドクタースリックのプライヤーは 主にフライフィッシングで使う

手頃な大きさで使いやすいけぇのぅ

クリックすると元のサイズで表示します


ドクタースリックのプライヤーには 他のプライヤーの先端部分に

付いちょるギザギザの滑り止めがない これはストリーマーやニンフ

スペイやディーフライを外す場合 ギザギザでボディを壊すこと防ぐ

意味がある ルアーの場合はボディ部分とフックの間に スプリット

リングなどがある為 ギザギザがフックにしか当たらん

クリックすると元のサイズで表示します


んなら何でフォーセップにはギザギザが付いちょるんか? 答えは

先端部分が細いけぇ ボディに当たりにくい ぢゃけぇイギザギザが

あっても問題がない ただそれだけぢゃ ただし細いと力が入り

にくいけぇ 大型魚狙いにはσ( ̄∇ ̄o)は使わんのぢゃ


http://genesis-ot.jp/
5
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ