カレンダー

2014
February
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Rod Rebuild

長年ロッドを使用しちょると 色んなとこが痛んでくる 以外に釣り人

は道具に関して 無頓着な人が多い 安いロッドならいざ知らず・・・

高いロッドをメンテナンス一つで 更にロッドの寿命が延びる

特にソルトウォーターのロッドは 痛みが激しい 比較的に重い

ルアーを投げるし 海水がガイドを痛めちょる 今回はお客さんの

ロッドのリビルドぢゃ

クリックすると元のサイズで表示します


ロッドを長年使っちょると ガイドを固定しコーティングした場所に

クラック いわゆるヒビ割れが生じる そのクラックから海水が

浸み込みガイドを錆びらせてしまう 写真の様な状態ぢゃ

こうなると巻きなおしして 錆びのひどいガイドは交換になる

クリックすると元のサイズで表示します


ガイドを固定しちょるコーティングを剥ぎ スレッドを取り除いて

ガイドを外す このパームスはWラッピング 下地のスレッドは

そのままにして 上側だけやり直すガイドを外し終えたら 軽くサンド

しておく このパームスは全ガイドの巻き直しぢゃ

クリックすると元のサイズで表示します


ガイドを取り付ける 以前と同じカラーのビルディング用スレッドで

ガイドを固定し その後フレックスコートでコーティングする

丈夫にするため4回コーティング 更にガイドのフット部分にも

コーティングを施す

クリックすると元のサイズで表示します


コーティングが終わりリビルド終了ぢゃ 釣行回数にもよるが 多く

釣りに行く方で約1〜2年 少ない方でも2〜3年が目安 使う時期

が終わったら 一度ガイドを点検してほしい クラック程度なら

ガイドを外さず クラックをふさぐコーティングだけでOKぢゃ

全巻き替えぢゃと 手間隙がかなりかかるけぇ高くはなる

修理以来は GENESISへ フライロッドも勿論OKぢゃ


http://genesis-ot.jp/
5
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ