カレンダー

2014
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

The cause of death of Marilyn Monroe

20世紀のセクシーな女性の代名詞として 今尚世界中の人々に

愛され続けているマリリン・モンロー 今から52年前の今日36歳

でこの世を去った 死因は自殺・・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します


死因はバルビタール剤 つまり睡眠薬の一種の過剰摂取による

急性中毒とされちょる ロス検視局では 死因はバルビタールと

なっちょるがるが その朝検視官が彼女の胃を調べたところ

バルビタール服用の際の屈折性結晶は検出されなかった また

消化器官や腎臓にも薬を飲んだ痕跡が残っていなかった

クリックすると元のサイズで表示します


この他にも自殺にしては不審な点が多くある バルビタールを

飲んで死に至るには少なくとも52錠 多ければ89錠が必要ぢゃ

これだけの量を飲んで 胃や消化器官に何も残っていないという

ことはあり得んという 更にバルビタールの飲み過ぎ特有の症状

である引きつけも起こしておらんし マリリンは身体をまっすぐにして

横たわっちょった

クリックすると元のサイズで表示します


そのうえ遺書が見つからなかったこと 寝る前には必ずカーテンを

閉めて寝る習慣があったのに その日に限ってカーテンが開いて

いた・・・・ また裸で寝ることなどなかったマリリンが裸で横たわって

いたことや 彼女の電話の通信記録が失われていること 日記の

代わりに使っていた赤い手帳がなくなっていたことなどを考えれば

他殺説は否定出来ん なぜならジョン・F・ケネディ大統領と その弟

ロバート・ケネディとの 2人との不倫関係が大きく関わってくる

からぢゃ・・・・ 真相は闇の中


http://genesis-ot.jp/
4
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ