カレンダー

2015
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Parasol Fly

水面直下のフライは 視覚性に問題がある場合が多い 解決策

としては マーカーなどで補って使うが このパラソルフライは

タイイング時にマーカー自体を取り付けてあるタイプ 今日は

パラソルフライのタイイング

クリックすると元のサイズで表示します


太目のモノフィラメントに ポリヤーンを取り付けておく 縛り方は

クリンチノット等でええ エアロドライウイングもえ〜んぢゃが

素材自体が硬くて 使い辛いところもある ラムズウールでも可

クリックすると元のサイズで表示します


フックにファンデーションを施し モノフィラメントをしっかりと

フックの真上に固定する 先端部分は 跡で立てる為固定しない

クリックすると元のサイズで表示します


テール材を取り付ける 写真ではムースボディヘアだが マラード

やレモンウッドダックなど各自の好みで

クリックすると元のサイズで表示します


リブとしてワイヤーを取り付け ボディを巻く ボディはフックの約

半分にする

クリックすると元のサイズで表示します


ワイヤーでリブを巻く

クリックすると元のサイズで表示します


ウイングケース様としてピーコックを取り付ける 左右に分けるので

必ず偶数本にする

クリックすると元のサイズで表示します


ソラックス部分を巻く その時にモノフィラメントを立てる

クリックすると元のサイズで表示します


左右からピーコックをアイに持っていき固定する 必要に応じレッグ

を取り付ける

クリックすると元のサイズで表示します


フロート部分のポリヤーンを 短くカットしフィニッシュして完成

クリックすると元のサイズで表示します


これがパラソルフライ 水面直下を流す為のフライ ただし欠点が

ある 安定したループでないとティペットが絡むことがある

絡むことが多い人は ショートディスタンス用のフライとして使うと

えかろぅ フロート部分には素材にあったフロータントを使ってちょ


http://genesis-ot.jp/
6
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ