カレンダー

2015
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Pheasant Back Feather Wet

ドライに比べウエットフライやスチラーマーは マテリアルが豊富に

使えるちゅ〜利点がある 今日はフェザントのバックフェザーを

使ったウエットフライのタイイングぢゃ

クリックすると元のサイズで表示します


フックにファンデーションを施し フラットティンセルを取り付ける

クリックすると元のサイズで表示します


フラットティンセルをフックに巻きボディを作る

クリックすると元のサイズで表示します


ピーコックハールを取り付ける

クリックすると元のサイズで表示します


ピーコックハールでソラックス部分を巻きとめる

クリックすると元のサイズで表示します


フェザントのバックフェザーをアイの後ろに取り付ける

クリックすると元のサイズで表示します


バックフェザーの先端をカットし ハックリングする 巻くときに後方へ

ハックルが行くよようにして フィニッシュ

クリックすると元のサイズで表示します


完成ぢゃ フェザントのバックフェザーは張りがあり パートリッジ

見たいに柔らかくは無い この張りが水中でうごめいて鱒を誘う

お試しあれ


http://genesis-ot.jp/
4
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ