カレンダー

2016
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

UNI Floss

フロスちゅ〜マテリアルは 意外と使われてはおらん ぢゃが誰もが

持っちょります フロスには大きく分けてシルクとナイロン系がある

シルクはウエット等が好きな通の人が好み 普通はナイロンを選ぶ

クリックすると元のサイズで表示します


フロスはウエットの愛好家が好むマテリアル ドライでも使うことは

使うが 主にコーチマンタイプのフライになる 勿論フロスがドライに

不向きなことなど無い 使う人が少ないだけぢゃ

クリックすると元のサイズで表示します


それに比べ ウエット・スペイ・ディ・サーモンなどは かなりの

確立で使用する 無くてはならん存在ぢゃろぅ ナイロンは単価的に

お買い求めしやすい価格になるが シルクはそこそこの値段となる

鱒と話したことが無いけぇ その違いは判らん

クリックすると元のサイズで表示します


好みの問題でもあるけぇ 使った方がえ〜ともいえん ぢゃが

イマージャーやフローティングニンフなど アイデア次第で生かせる

かも知れん


http://www.genesis-ot.jp/
3
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ