カレンダー

2017
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

チリ33人 希望の軌跡

2010年8月5日 チリのサンホセ鉱山に派遣された 33人の炭鉱

作業員が仕事を開始

クリックすると元のサイズで表示します


地下518m 気温32度の整備場にいたマリオ達を 突然の落石が

襲う 混乱の中彼らは車でさらに地下の避難所へ走る しかし

目の前の岩壁が崩れ 車は横転して周囲は真っ暗になる・・・・・・

意識が戻ったマリオは信じられない光景を目にする 山の深層部が

崩落し 33人全員が地下700mに閉じ込められた

クリックすると元のサイズで表示します


会社は落石事故の隠ぺいを試みる だが嗅ぎつけたマスコミが

こぞって報道 作業員の家族達は現場に押し掛け 救助作業が

行われていないことに抗議・・・・・・

2日目 政府から鉱業大臣のゴルボルンがやって来る 危険のため

救出活動はできないと言う 作業員の家族のリアはゴルボルンに

殴りかかる

クリックすると元のサイズで表示します


その頃地下では 33人が救助を信じて 少ない食料を持たせる為

缶詰やクッキーなどを分け合っていた

クリックすると元のサイズで表示します


政府に非難が集中するのを恐れたピニェラ大統領は 救出のプロ

ソウガレットを送り込む ソウガレットによると 巨大な岩をドリルで

取り除くのに最短8日 ドリルの振動音は地下の作業員達の耳にも

届き皆が希望を抱く

クリックすると元のサイズで表示します


くしかしドリルの消耗は激しく作業は一向に進まない 家族達は

現場でキャンプを始めて待つが 日数だけが過ぎていく 

17日目 ドリルはようやく33人の真上に到達 家族達は歓喜

するが 問題はどうやって彼らを引き上げるかだ・・・・

クリックすると元のサイズで表示します


地下には水や食料が渡され テレビ電話をつないで会話できるよう

になる ソウガレットは全員救出するにはあと3か月かかるだろうと

予想し それまで全員の精神状態がもつかを危惧する・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します


33人は無事に脱出出来るのであろうか・・・・・!?

この映画は実際あったチリの鉱山事故に基づいて作られた映画

一見の価値あり!


http://www.genesis-ot.jp/
4
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ