カレンダー

2018
March
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

荒城の月

荒城の月 この曲は春のイメージを持っちょります・・・・皆さんは

ど〜ですかぃのぉ・・・? 荒城の月ちゅ〜たら義務教育期間で必ず

聴かされた文部省唱歌 ぢゃが・・・最近では荒城の月など聴かされ

ちょらんらしい・・・ (;д;)嘆かわしぃのぉ

クリックすると元のサイズで表示します       https://www.youtube.com/watch?v=SbLuhlq-qik

春高楼の花の 巡る盃影さして 千代の松が枝 分け出でし

昔の光 今いずこ


秋陣営の霜の色 鳴きゆく雁の数見せて植うる剣に 照り沿いし

昔の光 今いずこ


今荒城の夜半の月 変わらぬ光 誰がためぞ 垣に残るは ただ葛

松に歌うは ただ嵐


天上影は 変わらねど 栄枯は移る 世の姿 映さんとてか 今も尚

ああ荒城の夜半の月

クリックすると元のサイズで表示します


作詞:土井晩翠 作曲:瀧廉太郎 皆さんも知っての通りぢゃ

特に土井晩翠の詩は素晴らしい 文語体の素晴らしい表現には

驚かされる σ( ̄。 ̄)らは文語体ではなく口語体で育った世代

ぢゃが日本語の美しさは文語体ではないぢゃろぉか!? 

ぢゃけぇかどうかは判らんが σ( ̄∇ ̄;)が堀口大學が好き

なんぢゃろぅのぉ 


  http://www.genesis-ot.jp/
  
4
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ