カレンダー

2018
March
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Jeder stirbt fur sich allein

クリックすると元のサイズで表示します


時は1940年6月 質素に暮らす労働者階級のクヴァンゲル夫妻

は息子の戦死通知を受けとる・・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します


心の拠り所を失い 悲しみにくれていた二人だったが ある日夫の

オットーはペンを取り カードに思いをぶつけ始める

クリックすると元のサイズで表示します


総統は私の息子を殺した あなたの息子も殺されるだろう

そしてそれを街中に置いた 妻のアンナもそれに協力し 何枚も

カードを書いて置くことを繰り返す

クリックすると元のサイズで表示します


エッシャリヒ警部は 市民から届け出のあった絵葉書を集め 

置き場所を壁に貼った地図に記録している ナチ親衛隊のプラル

大佐からも事件の早期解決を促されるが 彼らがホブゴブリン

(小さな悪魔)と名付ける犯人は頭がよく わざとへたくそな字を

書き 指紋も残さない

クリックすると元のサイズで表示します


犯人のおおよその住処と 息子を戦争で失った男であることは

推測できたが 捜査はそれ以上には進まなかった オットーが

葉書を置いてすぐに葉書を拾った男が オットーを追いかけ

アンナの助けでオットーは追跡を逃れる

クリックすると元のサイズで表示します


ホブゴブリンの人相書きが作られ エッシャリヒ警部の部下が郵便

配達のエーファの元夫で 賭博好きの男を逮捕するが 犯人像と

合致しないので警部は男を釈放する ところがプラル大佐はそれを

咎め 警部を鼻血がでるほど殴り男を再逮捕するように指示する

クリックすると元のサイズで表示します


男を発見した警部は 親衛隊に拷問されるより 警部にそこで

殺される方が幸せだという理由で 男を射殺し自殺として処理する

クリックすると元のサイズで表示します


ベルリンへの空襲が始まり 路面電車からがれきが見えるように

なる ある日オットーは他の職工長の代理で工場に出勤するが

ポケットにあるはずの葉書がないことに気づく

一人の工員が落ちていた葉書を拾って 青ざめた顔をしている

オットーは落ち着いて ナチ党員の工員に葉書を渡し 当局に通報

するよう命じる・・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します


ヒトラー政府に反対する葉書を2年余りにわたって 建物の階段に

置き続けた 職工夫婦の実話に基づくハンス・ファラダの小説

ベルリンに一人死すの映画化されたもの 

これほどの反戦映画は無い 淡々と話が進み涙なくして見られない

素晴らしい映画ぢゃ レンタル版も出ちょります


http://www.genesis-ot.jp/
4
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ