カレンダー

2018
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Dyron

英國製のダイロン 知っちょる人は男性より女性の方が多いんぢゃ

ないかの? ダイロンは染色剤 つまり扱いは手芸用品になる

σ( ̄。 ̄)のところは美容院ぢゃけぇ 染色はなれたもの・・・・

ぢゃけど美容材料の染色 つまりヘアダイなどの価格は服地の

染色剤に比べ高い そしてカラーバリエーションが少ない・・・・・・

ぢゃけぇ σ( ̄。 ̄)もダイロンを使うようになった

クリックすると元のサイズで表示します


用意するもんは そねぇに多くない 染色用に使う鍋(小さな物より

大きなものの方が楽)に百均で売っちょるトングとバケツ そして

ダイロンと塩 鍋で湯を沸かしダイロンを投入 そして一掴みの塩

シャンプーなどで洗ったマテリアルを漬け トングで攪拌し色を

入れる 色が入ったらトングで出して バケツの中で流水でしっかり

水洗いする 割と染色は簡単ぢゃ ただダイロンを買いに行くんが

せんないのぉ・・・

クリックすると元のサイズで表示します


ダイロンぢゃと好きな色に染められる良さがある 特にコックサドル

ハックルを選ぶ場合 求めるサイズのハックルが優先しカラーは次

カラーは後から染めたらえ〜・・・・ なんて思うちょります

ぢゃけぇ当店では グルズリーとクリーム系をメインにしちょります


http://www.genesis-ot.jp/
4
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ