カレンダー

2018
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Uncle Smith

バルサ50は1970年代後半から市場に出始めた 販売元はスミス

当時から高額な商品ではあったが 仕上げの美しさやプレゼンの

上手さで品薄状態が続いちょりました 80年代に入るとスミスから

離れアフファ&クラフト社へ移行する 80年代後半 かたやタックル

ハウス もう一方はザウルスへと変わっていった

50はタックルハウスではなくザウルスとなる

σ( ̄。 ̄)は昔から50ファン その中でもいっちゃん好きなんが

アンクルスミス

クリックすると元のサイズで表示します


出目金のような愛くるしい寄ったおめめ 愛嬌があるぢゃぁなぃの!

ずんぐりむっくりの寸胴のボディ 遊び心満天のポッパーぢゃのぉ

ただし高額ぢゃけぇ 溶岩帯やリザーバーなどの岩礁帯などでは

怖くて使えん・・・・

クリックすると元のサイズで表示します


お金の問題ぢゃぁなく 破損したらいつ再購入できるか目処が

つかんからぢゃ 全国への出荷は僅かになる なしかちゅ〜と

全てハンドメイドぢゃから・・・・ 好きなカラーが再び出るまで

何年かかるか判りゃぁせんけぇのぉ ぢゃがザウルス後期にプラが

販売されることとなる

クリックすると元のサイズで表示します


販売するんなら ちぃ〜と遅い気がした 時はメガバスなどの超

リアルタイプのプラグへと人気が移行しちょりました 知っちょる人

も多いと思うが ポップXやドッグXなどである 今は無い話ぢゃが

メガバスも入荷が少なく 取り合いになるぐらい人気が出たんぢゃ

クリックすると元のサイズで表示します


話を戻すが アンクルスミスオリジナルに比べ プラの方がボディが

やや長い 最初見たときに違和感を感じた・・・ いまはもう市場には

無くなってしまった 少子化が進み若者のアナログ的釣り離れが

進み こんな文化も廃って行くんぢゃろぅのぉ・・・寂しいのぉ


http://www.genesis-ot.jp/

P,S

2019カタログ入荷

クリックすると元のサイズで表示します

http://www.genesis-ot.jp/new.html
3
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ