カレンダー

2018
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

無くしてはならん

σ( ̄。 ̄)が若かりし商業写真科の学生の頃 ゼミは森山大道先生

の報道を専攻しちょりました 商業写真科では使わんオリンパス

ペンちゅ〜ハーフカメラ つまり35mmの半分の大きさで撮影

するカメラ ぢゃけぇ36枚撮れるフィルムが 倍の72枚になる

ちゅ〜一般消費者には愛されたカメラを駆使して作品を制作

しちょりました

クリックすると元のサイズで表示します


いわゆる馬鹿ちょんカメラ これは新宿や池袋などの夜の街を撮る

のに最適なカメラなんぢゃ 先ず相手が馬鹿ちょんカメラだと警戒

しない オマケに夜の撮影なのにストロボを一切焚かない

一般人ぢゃと (゜Д゜) ハア?? 馬鹿ぢゃぁなぃの?コイツ

ストロボ焚かんで写真なんか撮れんど!


( ´艸`)ムププ そこが狙い

σ( ̄。 ̄)らが使うフィルムはトライX 白黒のモノクロフィルム

高感度で通常のフィルムがASA100なのに対しトライXハASA

400 つまり4倍の感度 ただし高感度ぢゃと画質が荒くなる

ただ夜は4倍でも撮影は難しい 

クリックすると元のサイズで表示します


ぢゃけぇ更に増感させる ASA400をASA6200まで 普通の

フィルムの6倍に ただしフィルム現像は自分でせんといけん 

つまり通常の時間から現像時間を延長して行なう 粗粒子の写真

にはなるが 被写体が自然のマンマとなり リアリティが増す

勿論ハーフのオリンパソペンも使い ニコンのF2も使い分ける

今もトライXは販売されちょります (;д;)嬉しいのぉ

クリックすると元のサイズで表示します


一時フジフィルム以外 フィルムの販売現像は行なわれんかったが

コダック社もエクタルロームなどの再販売も行なわれたらしい

そしてコダクロームも予定されちょる

世の中デジカメ そしてカメラ付き携帯へと移行したが フィルム

ちゅ〜媒体 印画紙ちゅ〜媒体を無くしてはいけんのぢゃ

何故なら人類の歴史の記録としての媒体として 必要なんぢゃから

たまにはフィルム買ぅて 写真撮影してみるかの?


http://www.genesis-ot.jp/
4
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ