カレンダー

2018
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

I've Never Been to Me

人生は人それぞれ いろんなことが起きてきたことの積み重ね

この曲を聴いた頃は 人生の重みなど感じることなどなかった

何故なら この曲は1977年にヒットした曲ぢゃから・・・・・

I've Never Been to Me 邦題 愛はかげろうのように

シャーリーンが歌った

クリックすると元のサイズで表示します

       https://www.youtube.com/watch?v=wKeI9ENaPf4

クリックされて (・・。)ん?聴いたことあるかも・・!? 思われた人

もおるぢゃろぉ この曲はいろんな国の色んな歌手によりカバーされ

ちょりますけぇのぉ


Hey lady, you, lady, cursin' at your life 

You're a discontented mother and a regimented wife


I've no doubt you dream about the things you'll never do

But I wish someone had a talked to me like I wanna talk to you


Ooh I've been to Georgia and California, oh, anywhere I could run

Took the hand of a preacher man and we made love in the sun


But I ran out of places and friendly faces

because I had to be free I've been to paradise,

but I've never been to me


誰だって自分の人生を呪いたい時ってあるでしょう

子育てにはうんざりだし うるさい夫にも疲れ果てた

非現実的な甘い夢に逃げたいと思ってるんでしょう?わかるわよ

でもね ちょっと聞いてちょうだい もし若かった頃の私に

こうやって誰かが話しかけてくれていたならと思うのよ


ジョージアやカリフォルニア・・・

手当たり次第に どこへでも逃げたわ

牧師とつきあって 太陽の下で愛し合ったこともあった

でも どうしても 束縛されるのが我慢できなくて

親しい人たちのところから 逃げ出したのよ

そして誰もが羨むような生活を手に入れたけど

本当の私が みつからないの

クリックすると元のサイズで表示します


型にはまることより 束縛から逃げ続けたが 結局求めた

自由はなんだったのか? 例えば恋人や不倫とか 男をとっかえ

ひっかえしたりして 快楽だけに溺れて 奔放に生きることが

自由と思ったが 老後は孤独で 払いきれない大きな清算が

待っていた・・・・・ そねぇな内容の自虐的な歌

まさに女性ならではの曲かも知れん 歌や曲は美しいが

内容的には 重いものを感じてしまう


http://www.genesis-ot.jp/


5
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ