カレンダー

2019
March
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

春だったね

僕を忘れた頃に 君を忘れられない

そんな僕の手紙がつく

くもりガラスの窓をたたいて 君の時計を止めてみたい

あゝ僕の時計はあの時のまま 風に吹き上げられたほこりの中

二人の声も消えてしまった あゝあれは春だったんだね ♪


型破りな歌詞で しかもその後いろんな意味で 多くの歌手に影響

を与えた 吉田拓郎の春だったんだね

クリックすると元のサイズで表示します

      https://www.youtube.com/watch?v=vx50DTnuGTI

1972年の曲である そして日本のフォークソングが最盛期を

迎えるスタートでもある σ( ̄。 ̄)らの世代には 吉田拓郎は

影響力を持ったパワーの原点でもあった

そしてフォークソングの四天王 吉田 拓郎・井上 揚水・泉谷しげる

小室等 まさに70年代を謳歌した

クリックすると元のサイズで表示します


その当時フォークソングの立ち位置は 反戦運動や学園闘争など

反体制のシンボルとしてのフォークソングのイメージ ぢゃが

この春だったねちゅ〜曲を含んだ 吉田拓郎の結婚しようよは

結婚式業界へも影響を与え フォークソングのイメージを変えた

 
日本の音楽は 吉田拓郎の影響を受け今に至っちょります

春にちなんで この曲を選択しやした


http://www.genesis-ot.jp/
5
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ