カレンダー

2019
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Sir Duke

邦題愛するデューク ご存知の方も多いぢゃろぉ スティービー・

ワンダーの代表作の一つである 1974年に亡くなった 伝説的

ジャズマンであるデューク・エリントンへのトリビュート曲である

クリックすると元のサイズで表示します

      https://www.youtube.com/watch?v=s6fPN5aQVDI

Music is a world within itself With a language we all understand

With an equal opportunity For all to sing, dance and clap their hands

But just because a record has a groove Don't make it in the groove

But you can tell right away at letter A When the people start to move

They can feel it all over They can feel it all over people

They can feel it all over They can feel it all over people ♪

クリックすると元のサイズで表示します


音楽はそれ自身が 我々みんながが理解できる言葉を持つ世界

誰にも平等に歌い 踊りそして手拍子をする機会を与えるもの

でもレコードに溝があるからと言って 音楽を決まり切ったものに

閉じ込めて置いちゃダメさ

でもいとも簡単に伝わるんだよね 人が感動して動きはじめたらね


からだ中から感じることができるんだ みんなからだ中から感じること

ができるんだ

からだ中から感じることができるんだ みんなからだ中から感じること

ができるんだ ♪


1976年秋にアルバムで発表され 翌77年にシングルで発売

された

クリックすると元のサイズで表示します


σ( ̄。 ̄)は金欠で高額報酬につられ夜のバイトに勤しんだ 夜の

バイトぢゃと 朝起きるんが辛く 単位がぎりぎりぢゃった

酷い失恋からようよう立ち直りかけてた時に 店の有線でよ〜流れ

ちょりました愛するデューク 今聴いても時代遅れなどと感じんのぉ


http://www.genesis-ot.jp/
4
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ