カレンダー

2019
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

国際条約の重さ

1965年6月22日 日本国と大韓民国との間の基本関係に関する

条約が結ばれた 通称日韓基本条約

日本が朝鮮半島に残した インフラ・資産・権利を放棄 当時の韓国

国家予算の2年分以上の資金提供することで 日韓国交樹立

日本の韓国に対する経済協力 両国間の請求権の完全かつ

最終的な解決
 それらに基づく日韓関係正常化などが取り決め

られた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


日韓基本条約は国際条約である 自国に都合により拡大解釈・

勝手な解釈・変更・破棄など出来ることではない もし破棄するなら

多くの国々が理解し賛同出来うる 確たる論理が必要である

また韓国の方々への保障は 日本政府が主体で行なうことを拒否し

韓国政府が責任を持って処理することだった だが・・・・・・・・・

韓国政府は保証することよりも 自国の開発や経済に資金を投入

した 韓国国民が日本政府に対し保障を求めることは 日韓基本

条約において韓国政府に支払った為 無理なことである

自国政府に言え!!!!!!!!!!!!


何かあると謝罪だ! 保障だ! などと日本に金金金と あたかも

強請り・たかりの行為を平然と行なう ましてや国際条約を遵守

出来ない国家は 当然法治国家とみなされはしない

クリックすると元のサイズで表示します


人の良い日本人も 今後の子供や孫・ひ孫まで続くであろう強請り

たかりの国家と決別するほうが国益にかなう

言っておくが 日韓基本条約で全て終わったことである


ただ日本から国交断絶はすべきではない なぜなら国交断絶

ちゅ〜ことを あげて更なる因縁・脅し・恐喝してくる材料となる

クリックすると元のサイズで表示します


経済制裁して相手から国交断絶するのを待つのが得策である

今日本の多くの人々は 長年にわたる反日活動と 止まない金銭・

謝罪要求に 我慢の限度が来ていると思う


http://www.genesis-ot.jp/
6
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ