カレンダー

2019
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Sussex Creel

残念ながら去年沢田さんがお店を閉められた 時代の流れ

ちゅ〜んは川の如く・・・・・・・・・・・・・・・・

σ( ̄。 ̄)弊社もサワダさんとの付き合いがあった 昔の話を

してはいけんが カプラスやサセックスリールなんかは売れた

付属品の中にクリールがあった クリールとは柳などで編んだ

魚籠のこと

クリックすると元のサイズで表示します


ぢゃがその後気化熱を利用したクリールに 時代と共に変化して

いく 当時は各社いろんなクリールを出しちょりました・・・・・・

σ( ̄。 ̄)はさすがに柳のクリールは仕入れんかったが 気化熱

系のクリールは仕入れた σ( ̄。 ̄)は淡水魚は食べん

クリックすると元のサイズで表示します


淡水魚で唯一食べるんはヒメマスのみ なしてかちゅ〜と囲炉裏で

焼かんと淡水魚は美味くない 遠火の強火 あぶり焼きで水分

飛ばしながら 焼かんと水っぽくて美味くない それが理由

クリックすると元のサイズで表示します


(・・。)ん? ぢゃぁなしてクリールがいるんか? 当店で購入された

お客さんを含め 小物入れやショルダーバックとして使う目的ぢゃ

特にフライのお客さんはリリースされる人がかなり多い

クリックすると元のサイズで表示します


ちょっと小ぶりで お洒落な感じのクリールは 多目的利用の為に

購入されちょるちゅ〜んがほとんどぢゃった 大体の製品の素材が

ゴアテックスなどを使用しちょるけぇ 雨にも強いのも人気ぢゃ

今はクリールは こねぇな形ではなく まさに魚入れちゅ〜物に

変わり この手のものは市場からほとんど無いなった・・・・・・・


http://www.genesis-ot.jp/

5
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ