カレンダー

2019
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

夏の風物詩

毎日暑い日が続きますのぉ・・・・・・・・・・・・・ヾ(;´▽`A``ぁっちっち〜

今は昔と住宅事情が異なって来ちょりますけぇ さほど多くは無いが

夏の風物詩の一つに簾(すだれ)ちゅ〜もんがある 和風建築とは

縁のある物で 部屋の仕切りに または網戸代わりに または

カーテン代わりに使われる便利物

クリックすると元のサイズで表示します


簾は万葉集にも登場し古くからあったが おそらく中国から伝わった

物と考えられちょります 特に平安時代の寝殿造 室町時代の

書院造などの日本的な建築様式の発達に伴い御簾が登場

御簾は室内から外の庭と一体化した空間を演出し 外部からの

侵入を拒む心理的距離をおく作用も併せ持ち また神と人 高貴と

庶民を隔てる屏障具として用いられた

クリックすると元のサイズで表示します


明治時代になると大量生産されるようになった シンプルなデザイン

の座敷用簾は 一般家庭でも使用されるようになり 機械生産も

されるようになった 簾に用いる材料も地域により異なった

クリックすると元のサイズで表示します


主に萩や竹そしてヨシが使われる 材料・製造方法により ピンから

キリまで価格が違う 一般的には室内でインテリア感覚で使用する

場合は高価のものが選ばれ 室外で使用する場合 紫外線劣化

などを考慮し 安価なものを使い 適度な期間や間隔でやり返る

場合が多い

簾ちゅ〜んは まさに日本の夏といえる代物 これに蚊取り線香

との組み合わせは最高である


http://www.genesis-ot.jp/


7
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ