カレンダー

2019
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

504 Gateway Time-Out

昨日は全くブログが開けず書けなかった 最初は上記の504Gate

way Time−Out かなり時間が経って


システム障害発生のお知らせ

現在teacup.サービスが利用しているクラウドサービスに障害が

発生しているため、teacup.サービスを停止しております。

ご不便をおかけし申し訳ございません。

┐('д')┌ ど〜しょぅも出来んです


さてブログを・・・・・・・・・・ 

昨日はGSOMIAでニュースが騒がしかったですのぉ まぁ彼の国

の論理は 感情優先・小手先の反応 彼の国らしい状態ぢゃ

事実上友好国とま全く言えんけぇ グループDまで下げたほうが

良いと思うし なんぢゃぁかんぢゃぁと因縁付けちょりますけぇ

ビザ復活金融保障破棄など きちんと区分けしたほうがお互いに

良いぢゃろぉ


話は変わり今日はポテトチップスぢゃ

クリックすると元のサイズで表示します


世界中でよ〜食べられちょるポテチ 皆さんも食われることと思う

ポテチは何時どこで生まれたかご存知か? 案外知られちょり

ません

クリックすると元のサイズで表示します


1853年8月24日 アメリカ合衆国ニューヨーク州サラトガ・

スプリングズのレストラン ムーンレイクロッヂで提供された

ある日 客がフライドポテトが厚すぎると苦情を言って 何度も作り

直しをさせた 

クリックすると元のサイズで表示します


うんざりした店のシェフであるシェフ ジョージ・クラムは フォークで

刺せないような薄切りにし しかもカリカリに揚げ 客を困らせて

やろうと考えた ぢゃが皮肉なもんで クラムの企ては失敗し この

客は逆に大変に喜んだちゅ〜結末

クリックすると元のサイズで表示します


この料理はすぐにサラトガ・チップスちゅ〜名で レストランの

メニューに登場し その後すぐにこの料理は ニューイングランド

地方でごく一般的なものになった このようにもともとポテトチップス

は料理の付け合せなど 食事の一部として提供されるものであった

そのときの方法はケトルフライ法という

クリックすると元のサイズで表示します


ぢゃが当時は 調理後時間が経てばパリパリ感が無くなり 広く

世間で広まり難かった ぢゃが1920年代にワックスペーパーで

密封した小袋入りの鮮度を保ったポテトチップスが販売される

ようになり 拡大して行った

では日本はどうぢゃろぅか? 日本では意外に遅く 日本での最初

のメーカーはコイケヤ 1962年にポテトチップスの「のり塩味」

なんぢゃ

今日はポテチ記念日? 帰りにお好きなポテチを買われ 食べて

くだされ ヾ(〃^∇^)ノ


http://www.genesis-ot.jp/
6
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ