カレンダー

2019
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

石狩缶詰所

非常食の代表格ちゅ〜たら缶詰ぢゃのぉ 今ではレトルト食品に

押され 以前よりはメジャー感覚が少なくなった気がするが

相変わらず長期保存の王道といえる 日本の缶詰の歴史は?

調べて見やした

クリックすると元のサイズで表示します


明治の初期にまで歴史は遡る 1871年(明治4年)に長崎で

松田雅典ちゅ〜人が 日本で初めて缶詰を作ったとされちょります

フランス人のLeon Duryの指導のもと いわしの油漬け缶詰 

いわゆるオイルサーディンを作ったということぢゃ

更にその6年後の1877年(明治10年) 北海道で日本初の缶詰

工場 北海道開拓使石狩缶詰所が誕生 その年の10月10日に

同工場で鮭の缶詰が作られた

クリックすると元のサイズで表示します


鮭の缶詰は もともと大量に獲れるが 人気がなかったカラフトマス

を使うことで 安く大量に供給できるようになった 当時は人気の

ある缶詰ぢゃったが 1970年頃からツナ缶にその地位を譲り

以前ほどの人気はなくなった ぢゃが鮭は 今や養殖され生で空輸

される時代になって 今でも人気の高い食材である

クリックすると元のサイズで表示します


知名度は超低いが その日にちなみ日本缶詰びん詰レトルト食品

協会が 1987年(昭和62年)に缶詰の日を制定

まぁ本日が缶詰の日ちゅ〜のは ほとんどが知らん事項ぢゃろぅ

ちなみに私事ではあるが σ( ̄。 ̄)は さんまの蒲焼と 

鯖の味噌煮だけは 必ず複数個家で保存しちょります


http://www.genesis-ot.jp/
6
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ