カレンダー

2019
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

コスプレ

今を遡る事316年前の元禄15年の12月14日 本所松坂町の

吉良邸に赤穂浪士47名が討ち入った日 若い人には馴染みが

無いとは思うが σ( ̄。 ̄)ら幼少の頃から この時期各TV局

では 大型時代劇で討ち入りの番組を制作したりしちょって

師走の風物詩となっちょります

クリックすると元のサイズで表示します


赤穂浪士の討入り装束とゆ〜たら 黒地の羽織の袖が入山形に

染められ 左の白襟には播州赤穂浪士と書かれ 右の白襟には

各自の姓名が書かれている装束と決まっちょります

ぢゃが これは歌舞伎の創作の装束なんぢゃ 芝居を行なう時に

やはりお客に見せるちゅ〜興行的意味合いが強い

クリックすると元のサイズで表示します


討入りの装束は 大石内蔵助は川崎の平間村から 11月初めに

次のように指示

打込之節衣類は黒き小袖を用可申候 帯之結ひ目ハ右之脇

可然候 下帯は前さがりはづれざる様ニ御心得可有之候 

もも引き・脚絆・わらし用可申事


 
これを読むと 討入りの際の衣類は 黒い小袖を着用し 股引・

脚絆・わらじといういでたちとすることとなっている

つまり火事装束のような姿の様にしろ!
 
なぜ火事装束だったか?



当時江戸では 火事が頻繁に起きちょりました ぢゃけぇ夜夜中

あるいは未明に 火事装束の男たちが大勢町を徘徊していても

見とがめられることはなかったからだと言われちょる

また火事場は戦場のようなもの そこで動くための火事装束は戦闘

向きぢゃった

深夜とはいえ 危ない格好をした武士の集団が ぞろぞろ俳諧

しちょったら 人の目を引き 番屋の岡っ引きや 同心達に

バレてしまうが 火消しの格好なら怪しまれん

クリックすると元のサイズで表示します


つまり素性を隠す為に 今で言うコスプレして 周囲の目を誤魔化し

目的を果たした 万一歌舞伎のような井出たちで歩き回ったら 

すぐに通報され 全員凶器準備集合罪とか破防法で逮捕される

ぢゃが美談として後世へ伝えるには 歌舞伎のような形になるのも

致し方ない 上記のような装束ぢゃぁ どこの田吾作?ちゅ〜て

なってしまう 美談として語り継がれる為には 致し方ないかも


http://www.genesis-ot.jp/



6
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ