カレンダー

2020
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

謹賀新年

  皆様明けましておめでとうございます

              <(_ _)>

今年は東京オリンピックの年 皆様の更なる飛躍とご活躍をお祈り

いたします

昭和・平成そして令和 時代が流れていきましたが 次代と共に

お正月ちゅ〜日本文化にも 変化を感じちょります つまり年々

らしさが無くなって来ちょる

クリックすると元のサイズで表示します


長年正月とは縁が切れんかった 百人一首・カルタ・すご六などの

室内ゲームは過去の遺物となり 凧揚げ・コマ回し・羽根つきなどの

アウターゲームも同じ 正月三が日 国旗掲揚もほとんどの家では

見られない 門松にしても同じ

クリックすると元のサイズで表示します


お正月ちゅ〜概念が 12月31日から月と年が変わった 次の月の

1日と成り下がった ただ連休があるちゅ〜感じになっていく

んぢゃろぅのぉ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やはり悠久の歴史ちゅ〜観点からは お正月文化ちゅ〜んは 

学校教育の中に取り入れて欲しいと思う

クリックすると元のサイズで表示します


日本ちゅ〜國家は 天皇家を中心とした神道國家 正月は歳神様

の子孫である私たちを祝いにくると考えられちょります

鏡餅を飾り お雑煮をいただきお正月を祝う こうした習わしは

新米でついたお餅を歳神様に供え 私たちもいただくことで 稲に

宿る魂 つまり生命の力をいただく意味がこめられちょる

元々お年玉も昔は お金ではなくお餅が使われ、やはり「魂」「玉」

をいただくもの 

お正月の定義を幼少の頃から教えるべきと思う でないと日本人

としてのスピリチュアルカルチャーの崩壊につながる



http://www.genesis-ot.jp/
6
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ