カレンダー

2020
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

日米安保条約

今から60年前の1月19日に 日本とアメリカとの間で結ばれた

条約が日米安保条約 ぢゃがこの安保条約は2回目 1回目は

1951年に結ばれ これは改訂版 つまり新日米安保条約

内容はたぶん皆さんが知っちょることと思うけぇ省略


今60年前と軍事情勢及び兵器などのすべてが異なって来た

アメリカ合衆国大統領のトランプさんが アメリカの本音を言った

莫大な軍事力の維持費で アメリカの国防予算は火の車 有事の

際に 果たしてどれだけ日本の防衛に貢献できるのか!?


昔作った条約も 世界情勢から鑑みれば難しくなっていく

もうすでにアメリカは 日本を守ることに限界が来ているのかも

知れん

クリックすると元のサイズで表示します


第二次世界大戦後の日本は焦土化し 国の復興が最優先課題

防衛や軍事力に回す予算はない アメリカが防衛をバックアップ

してくれた もちろんアメリカは日本のためだけではなく 極東の

軍事力の要としての日本の基地化ちゅ〜目論見もあった


今は知っての通り 軍事力にはかなりのお金がかかるのは事実

アメリカは日本自体の防衛力強化を望んでいる


そこで問題なのが日本国憲法

こ数年の隣国の状況をもう一度考え直して見るべきである

本当に日本は安全で自国と自国民を守れる国になっているか?

北朝鮮の核ミサイル開発に拉致被害問題 韓国との竹島問題に

慰安婦問題・徴用工問題 さらにはレーダー照射問題などの

反日運動

中国との尖閣諸島問題

ロシアとの北方領土問題などなど


憲法9条があったから日本は平和だった 平和憲法があったから

日本に戦争はなかった 本当にそうか?

「日本には憲法があるから戦争仕掛けるのはやめよう!」

なんちゅ〜国があるんか?

憲法9条を1番支持しちょるんは 日本の周りで好き勝手しちょる

日本以外の国々なんぢゃ

クリックすると元のサイズで表示します


ミサイルが日本各地に飛来した場合 全部を打ち落とせるのか?

それは不可能に近い 専守防衛するならミサイル発射基地や

移動式発射車両を破壊したほうが安全 パトリオットよりは

トマフォークミサイル 潜水艦から発射する予兆があれば撃沈

したほうがいい これを阻むのが憲法9条

邦人救助も現行では自衛隊では行えない これも憲法9条絡み

国連の平和維持軍での自衛隊の活動も 小火器以外ダメ

駆けつけ警護すら出来ない

クリックすると元のサイズで表示します


幸いに日本の自衛隊には海外侵略する能力はない 国連で厳しく

防衛能力以外の戦力配備について監視されちょります 万一侵略

するなら 今の数十倍程度の軍事力と輸送能力がいる

個人的な意見ぢゃが 日本には専守防衛のための爆撃機やミサイル

の配備など必要と思う これから無人兵器が主体となるから

そのための整備を含めた法改正が必要 これから先はアメリカ

頼みの防衛力は無いと思え


http://www.genesis-ot.jp/
7
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ