カレンダー

2020
March
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Ampex CL

以前販売しちょりました アンペックスフライリールシリーズ

キャップスが出しちょりました 独自の路線でのフライリールが

多くあった………… その中のCL

クリックすると元のサイズで表示します


クラッシックタイプのリールがCL 通常ベンチレーソン系の穴が

スプールに開けちょりますがCLには付いておらん クラッシック風で

いい雰囲気を醸し出しちょりますが ハッキリ言って不便ぢゃ

リーダーの先端部分が判り辛い ぢゃけぇロッドにセットしてから

ラインを通すまで 下手するとぶち時間が掛かってしまう ぢゃが

やり方次第でど〜にでもなる アンペックスCLを使う前には

リーダーを付けちょかず ロッドに装着しフライラインを通してから

最終的にリーダーを取り付けるんが無難

クリックすると元のサイズで表示します


またシンプルなリールで ドラッグ機能は付いちょりません 本州の

渓流釣りで 遡上性の鱒でない限りドラッグ機能は無くても十分

釣りは可能ぢゃ またハーディ社のいっちゃん小さいリール フライ

ウエイトもドラッグはない あとは使う側の好みとなる

クリックすると元のサイズで表示します


残念ながらこのアンペックスCLはすでに市場には無い ずいぶん

前に廃盤となった 個人的な考え方なんぢゃが フライフィッシング

特に渓流のヤマメ・アマゴ・イワナ系の釣りでは 道具を楽しんで

使う文化があると思う 今日はグラファイト またグラスロッド

またはバンブーロッドと 三機種のブランクが存在しちょり

それに合わせたリールもある ただ単に鱒を釣るんぢゃぁなくて

どの道具を選んで釣るかがある世界 この趣が大切なんぢゃ

ワビサビをDNAに持ち合わせちょる日本人なら ここんとこ

大切にしてほしい


http://www.genesis-ot.jp/
8
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ