カレンダー

2020
March
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

アルキメデスの大戦

1945年4月7日

連合艦隊の戦力も残すところわずかとなった配色濃厚な日本

鹿児島県沖の南方海域 坊ノ岬沖で大和は米海軍の総攻撃を受け

ていました 軍艦だけでなく 空を覆うばかりの航空戦力に

さらされ 投下される魚雷と爆弾になすすべもなく翻弄され 絶望の

中で死んでいく海軍兵たち 圧倒的な存在であった大和の艦体が

きしむ音をあげて傾き 沈み行く時日本は一つの時代を終えた

大艦巨砲主義は 今ではただ批判されるばかりのものです

世界の主戦力が航空機へと移り行くその過渡期に判断を

見誤った…と言われていたこの大和の存在 しかしまだ太平洋戦争

が起こるとは 世の中の大半が思っていなかった時代に 

なぜこの戦艦が生み出されるに至ったのか… その謎を探ると物語

は1933年にさかのぼるのです

クリックすると元のサイズで表示します


1933年 国際連盟脱退以降の日本は その国力と戦力を増強

することに血道を上げており そのさなかで新たに海軍の新造艦を

巡り二派が争っていました これからは航空戦力が海軍の主軸と

なっていくと主張する山本五十六少将 永野修身中将らと 大艦

巨砲主義を主張し 世界をあっと言わせる巨大戦艦を造ろうという

嶋田繁太郎少将・平山忠道海軍造船中将らです

クリックすると元のサイズで表示します


大角海軍大臣の前で展開されるその会議は 論理的とは言えない

ままに感情論に発展 解決のめどを見ないままに2週間の時間を

与えられ 再度検討を行うこととなったのです

しかし山本らが配備を願う航空母艦より 規模の大きいはずの戦艦

の建造費が低く抑えられていること そして世界の最新鋭の航空

戦力を直視しない嶋田らの主張に 業を煮やした山本らは 何か

打開策がないものかと模索していたのです

その夜山本らは思いがけない邂逅を得ました 飲んでいた料亭で

英気を養おうと綺麗どころを呼んだおり 生憎すべての芸者や

半玉らは一人の男が独占しているのだというのです

山本がその部屋を訪れると 芸者らと戯れる若い学生服姿の男が

いました

クリックすると元のサイズで表示します


飲んで騒ぐその手にはなぜか小さな巻き尺が

「僕は綺麗なものを見ると計らずにはいられないのだ!」

その男こそ櫂直(かいただし) 東京帝国大学で数学を学んだ 

西の湯川秀樹に匹敵する天才と呼ばれた男だったのです 料亭の

座敷に現れた軍服姿の山本を一瞥すると 「軍人は嫌いだ」

という櫂 彼はその少し前まで尾崎財閥の一人娘・鏡子の家庭教師

兼書生として帝大で研究を続けていたのですが 主とその客の海軍

提督の不興を買ったことで 鏡子とのスキャンダルをでっち

あげられ退学を余儀なくされていたのでした

その仕事で得ていた汚い金を 使い果たすために芸者を揚げて

遊んでいたのだという彼に興味を持った山本は その数学的センス

を国の為に役立ててはみないか?と誘ったのです「軍人は嫌いだ」

その主張を曲げず アメリカ・プリンストン大学へと留学するのだ

という櫂に山本は畳みかけます

「このままいくと 日本はそのアメリカと戦争することになる」

「あまりに国力が違うことは明白な日米でなぜ…?!

クリックすると元のサイズで表示します


しかし今の日本では精神論や 日露戦争での劇的な勝利を誤解

した流れが主流を占めており 論理的にそれを押しとどめられる

人材がいなかったのです 振り払うようにアメリカ行きの船に

乗り込もうとした櫂の目に見えたのは 燃える人々 そして焼け野原

になっていく国土でした その幻想の真ん中に佇んでいたのは 

無理やり別れさせられた尾崎鏡子その人だったのです

彼女を死なせたくない そんな世界にはさせない

櫂は船を降りて山本の元に赴き その申し出を受けることに決めた

のです 山本によって海軍少佐の階級を与えられた櫂は 訓練も

受けないままにお仕着せの軍服を身につけて 海軍省に出向くこと

になりました

クリックすると元のサイズで表示します


命じられたのは 嶋田らが推している巨大戦艦の闇を暴くことだった

のです しかし調べようにもその図面も資料もすべてが機密情報

であり それは山本らでも手を出せない金庫の中に 厳重に保管

されていたのでした 与えられた資料はほんの数枚の覚書

巨大戦艦の具体的な情報は何もないというところから その相手の

主張を突き崩すための戦法を考えなければならないという まさに

孤立無援の状態 櫂の副官に任ぜられた田中少尉は 当初あまりに

傍若無人な櫂の様子に辟易していましたが 彼の能力の高さ 

洞察力の鋭さに感嘆し 次第に尊敬の念を込めて彼に仕える

ようになっていったのです

クリックすると元のサイズで表示します


「資料が無いなら 実際に軍艦を見にいくのだ!」と霞が関から車を

飛ばして横須賀に停泊していた戦艦長門に乗艦するなど 海軍

軍人の枠にはまらない行動を 次々にやってのける櫂に翻弄され

ながらも 田中は次第にその目標に近づいていく櫂に心酔していく

ことになるのです

何もなかったところから 巻き尺で長門のあらゆる寸法を測り メモ

していく櫂の姿に呆れながらも 同様に協力をしていくようになる

田中 白い紙に鉛筆で線を引き 長門で実測した数値と 即席で

勉強した造船技術を駆使して 恐ろしい精度の図面を制作して

いく櫂 しかし嶋田らは その間にも彼らにあらゆる妨害を行って

巨大戦艦を造るための陰謀を巡らせていくのです

クリックすると元のサイズで表示します


巨大戦艦の見積もりが 航空母艦の見積もりより安いという魂胆を

暴けるのか!?

だが…………巨大戦艦大和や武蔵は建造される そこには意外な

落としどころがあった!

クリックすると元のサイズで表示します


原作を読んぢょらんから判らんが 面白い映画ぢゃった 戦争映画

なんぢゃけど戦争映画らしくない映画 主演の菅田将暉さんが

良かった…………



http://www.genesis-ot.jp/
5
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ