カレンダー

2020
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

細野正文

細野正文ちゅ〜人物を知っちょる人は ほとんど居らんと思う

細野正文は明治時代の鉄道の官僚である

細野は鉄道院副参事(現在の国土交通省大臣官房技術参事官

相当)を務めていた1912年 第1回鉄道院在外研究員としての

ロシア・サンクトペテルブルク留学の帰路にて あのタイタニック号

に日本人ではただ1人乗船していた

クリックすると元のサイズで表示します


そして1912年4月14日に あのタイタニック号の沈没事件に

遭遇する 彼は死亡率が高かった二等船室の男性乗客であったが

10号ボートに乗って生還を果たした

これが当時の記事

When the Titanic hit an iceberg and sank in the early hours of

April 15th 1912, after colliding with an iceberg during its

maiden voyage from Southampton to New York City, it claimed

the lives of 1,517 women, men and children, but Masabumi

Hosono was not one of them.


Hosono was the only Japanese passenger on board the RMS

Titanic, and was lucky enough to survive the Titanic’s sinking.

He was one of the fortunate few who escaped on a lifeboat,

although he did not feel quite so lucky when he returned to Japan.


On the boat, Hosono heard the cries of those drowning,

the children sobbing for their fathers and the women crying for

their husbands.Hosono’s story attracted little attention at

first. He went to the offices of Mitsui in New York to ask

friends for help to get him home, and from there he traveled to

San Francisco to board a ship back to Japan. A local newspaper

heard of his story and dubbed him the “Lucky Japanese Boy”.

Hosono soon found himself the target of public condemnation

however. He was publicly condemned in the United States,

and was described as a “stowaway” aboard lifeboat 10 by

Archibald Gracie, who wrote a best-selling account of

the disaster, while the seaman in charge of the boat,

Able Seaman Edward Buley, told a US Senate inquiry that

Hosono and the other man must have disguised themselves

as women in order to sneak aboard… which was untrue.

クリックすると元のサイズで表示します


After returning home to Japan, he was publicly shamed as a

coward and fired from his job at the ministry of transport.

Some said it was because he “betrayed the Samurai spirit

of self-sacrifice,” but in Japan they felt he had shamed

them in the eyes of the world.

He even had letters in the press calling for him to commit

suicide. He was eventually reemployed by the Ministry,

as he was too valuable to lose, and continued to work for it

until his death in 1939 at the age of 68.


要約すると

細野はタイタニック号に乗った 唯一の日本人の乗客であり

タイタニック号の沈没彼はから助かった一人 救命ボートに乗って

逃れた幸運な数人の一人だった ボートの上で細野は溺れている

人々の叫び声 子供たちの両親を亡くした悲痛な叫び また夫の

ために泣いている婦人を目撃した

その後彼はニューヨークの三井の事務所に行き 友人に帰国する

為の手助けを求め そこからサンフランシスコに行き 日本に戻る

船に乗った アメリカの地元の新聞が彼の話を聞いて彼を

「ラッキージャパニーズボーイ」と嘲笑した

クリックすると元のサイズで表示します


細野氏は米国で公に非難された 日本に帰国後 彼は日本でも

臆病者として公然と非難され 運輸省での仕事から解雇された

侍の自己犠牲の精神を裏切ったからだと言う人もいる

彼はあまりにも多くの物を失った だが68歳で死ぬまで働き続け

彼は最終的に再雇用された 数奇な運命が彼を翻弄した…………


http://www.genesis-ot.jp/


P,S

新入荷

クリックすると元のサイズで表示します


http://www.genesis-ot.jp/new%20item.htmlヾ(゚▽゚*)重要!!!
6
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ