カレンダー

2020
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Fly Material Complete Skin Web

フライフィッシングを行うアングラーの多くは ご自分で使うフライの

タイイングをする方が多いことだろう フライタイイングで買われる

マテリアルは小袋入りや フルスキンの鳥類 鹿の一部 化学繊維など

色々に別れちょります 鳥類のフルスキンを買う人は 小袋入りを

変われる人より少ないかもしれん ぢゃが…………

フルスキンはある意味宝の山 使い方を知ると 小袋では物足り

なくなってしまう ただ使い方を知らない人が多いだけ

例えば………… ヘンのフルスキン

クリックすると元のサイズで表示します


ショルダー部分は ウエットなどのソフトハックルや ニンフのレッグ

や ウイングバーナーで焼いてドライのウイングなどの使う

写真の後ろ側 ポヤポヤのハックル部分がウエッブ 通常使われる

人が少ない ぢゃがココが便利に使えるマテリアルなんぢゃ

例えばタイイングしてみると……………………

クリックすると元のサイズで表示します


フックはTMC2312 #10 スティルメーターのウイングに

使える CDCと同じ扱いで使える ウエッブは割と毛が多い

このウイングはたった1枚のウエッブで作れる そして通常なら

捨ててしまう可能性の高い部位

クリックすると元のサイズで表示します


こちらはカディスタイプ この手のマテリアルでタイイングしたフライ

はドライシェイク系が使い勝手がえ〜けぇ 特に空気抵抗の大きな

フライの場合 このように軽く空気抵抗が少ない割りにボリュームが

出せるから便利である まだまだウエッブの有効利用はご紹介していく

今日は第一部ちゅ〜ことで……………………


http://www.genesis-ot.jp/


8
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ