カレンダー

2020
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

冷製札幌ビール

日本にビールが入って来た当初 ビール醸造所の多くは 外国人

によって作られたもの ぢゃが明治5年(1872年)には

渋谷庄三郎氏によって 日本人が経営する初のビール会社

渋谷(しぶたに)ビールが設立


その後 明治10年 1877年 9月23日 札幌に日本初の営業用

ビール醸造所 北海道開拓使麦酒醸造所が開業した 今の

サッポロビールの前身である 日本産の本格的大規模ビール政争

の夜明けである

クリックすると元のサイズで表示します


更にこの頃 日本初となるビアガーデンも登場 ビールは日本人に

とって少しずつ身近な存在となっていく ビールは長い間ビア

ガーデンや飲み屋さん中心のお酒ぢゃった

クリックすると元のサイズで表示します


ぢやが昭和30〜40年になると ビールは爆発的な売れ行きに

なった それは家庭用冷蔵庫の普及からである 冷えたビールが

自宅で安易に飲めるようになったため消費が急増 手軽に飲める

アルコール飲料として浸透していった

クリックすると元のサイズで表示します


ちなみにσ(´□`○)のお客さんで いっちゃんビール好きは

フランケン氏 彼は呑むんぢゃぁなく浴びるぐらい

大きなメーカーのビールの歴史は 

明治10年(1877年)サッポロビール

明治21年(1888年)キリンビール

明治23年(1890年)ヱビスビール

明治25年(1892年)アサヒビール

遅れること71年 1963年 サントリービール


今日はサッポロビールの日 ちなみに昔忠類川へ行ってた時

民宿ではサッポロビール以外無かったけぇ………地元愛ぢゃのぉ


http://www.genesis-ot.jp/
8
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ