カレンダー

2020
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

陽が沈むころに

陽が沈むころに…… この曲を知っている人はそねぇに多くはない

この曲は泉谷しげるさんの曲である やはり詩がえ〜と思う

クリックすると元のサイズで表示します


花や鳥にかこまれ 川の流れに耳を向け

過去のキズをいやし のんびりくらしたいと思うが

遠い国へにげ 過去からにげるほど ぼくの人生は重くない

恋にやぶれたことや くらしにこまったことや

いつも自分をなぐさめ 人のせいにしていたさ

遠い国へにげ 過去からにげるほど ぼくの人生は重くない


頭をかかえてなやむ姿は ある意味では美しいのさ

そばでおやじが笑う カラカラ カラカラ笑う

遠い国へにげ 過去からにげるほど ぼくの人生は重くない

ふりかえつて見るほど ぼくは生きのびちゃいない

ふりかえつて悲しむほど ぼくのキズは深くない ♪

クリックすると元のサイズで表示します


都会で一時的に暮らした人や 仕事の関係で故郷を離れ都会で

生活を続けちょる人には 思い当たる節もある問題

σ(-_-;)も同じ感情を持ち この曲に対して憂慮したことがある

都内の暮らしでの 周りに干渉されず ある意味縛りの少ない

環境は 田舎の様な密になりがちな人間関係な少ない

つまりもろ刃の剣である

笑う親父はすべてを見通している そして悩めと!

亡くなった親父を思い出す詩の一部である


http://www.genesis-ot.jp/



8
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ