カレンダー

2020
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

百円玉記念日

1957(昭和32)年の12月11日に 百円硬貨が発行されたことが

由来の百円玉記念日 それまでは板垣退助の100円紙幣ぢゃった

クリックすると元のサイズで表示します


この百円札 材質かどうかはわからんが すぐにヨレヨレになる

感じで丈夫さに欠ける σ(′∀ `)がお小遣い制になった時が

毎月参百圓ぢゃった

当時の社会情勢は 物価などが上昇し100円を使う機会が 多く

なった場合には 硬貨の方が丈夫で長持ちすると考えられ 紙幣

から硬貨へ変えられていった

クリックすると元のサイズで表示します


素材は主に銀(銀60%・銅30%・亜鉛10%)図柄は表面に

鳳凰 裏面に旭日と桜花 直径は今と同じ22.6mm

その後 1954年(昭和34年) 図柄が鳳凰から稲穂へと変更

された これは図柄のみの変更で銀貨のまま

クリックすると元のサイズで表示します


ぢゃがこの百円玉も硬貨の割には長く続かなかった 1967年

(昭和42年)現行の百円硬貨が発行されるが 素材は銀から白銅

(銅75%・ニッケル25%)に変更 図柄も桜の花三輪へと変更

素材の変更は 銀の値段が高くなったことが理由

ちなみに今日の写真は亡くなった母親が取っておいたもの

ありがたいんか そうでもないんかは 判断がつかん


http://www.genesis-ot.jp/
8
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ