カレンダー

2021
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

給食用ミルクポット

昭和最大の小学生児童虐待の金字塔 そうあの熾烈極まる

悪評高き脱脂粉乳を入れる容器を 給食用ミルクポットという

昭和の30年代〜40年代初めに 小学校では牛乳ではなく

くそ不味いミルクと称する脱脂粉乳が出ちょりました

クリックすると元のサイズで表示します


脱脂粉乳入れは アルミで出来た容器で 給食用ミルクポットと

言われちょりました 1人前180mlとして クラス40人

としたら 7,2Lの容量になる 小学生の低学年にはかなりの負担

となる くそ不味いうえ肉体を酷使する配膳作業……………

これは立派な児童虐待で犯罪行為である

クリックすると元のサイズで表示します


この悪魔の容器には蓋が付いちょります 一応埃や異物混入を

避ける意味合いがあったんぢゃろぅが それよりも味の酷さに

ついて声を大にしたい 最悪の脱脂粉乳の中でも 唯一

えかったんが ココア味の時だけぢゃった

クリックすると元のサイズで表示します


当時を鑑みれば 教育関係者・給食のおばさん達には な〜んも

責任はない 悪いんは政府ぢゃ 最悪の食育教育といえる

更に酷いのは給食の容器 今のワンちゃんですらまともな食器

を使うんぢゃけど 昔はアルマイト製の食器 犬以下の扱いぢゃ


個人的には給食は 堪え難きを絶え 忍び難きを偲ぶ教育で

あった 昭和のガキを舐めんなよ!


http://www.genesis-ot.jp/


8
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ