カレンダー

2021
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

バスの親子

ITで読んだ怖い話 ((lll・Д・)ノ【怖ィ・・】
 

これは私が友達とファミレスで 盛り上がって帰宅時間が遅く

なった時の話です ついつい話が尽きず 気が付くと帰宅する

バスの最終便の時刻が近づいていました

クリックすると元のサイズで表示します


なんとか乗車には間に合い あとは家の近くまでバスに揺られる

だけです バスには私の他に 小さな男の子と女性が乗って

いました きっと親子なのでしょう

クリックすると元のサイズで表示します


最後尾に座っていて 2人とも帽子を被っていたため 表情は

見えませんでしたが どうやら戦隊ヒーロー物の話をして

楽しんでいるようです

私は特に気にせず 中間ぐらいの席に座り 携帯を触って時間を

潰します バスに乗ってしばらくすると 私は後ろから聞こえて

いた声が消えている事に気付きました

それまで一度もバスは停車しておらず 乗客の出入りは

ありません

あれ?っと思って振り返ると… そこには親子の姿など無かった

のです 私の血の気がサッと引き 冷や汗が吹き出ます

反射的に席を運転手さんのすぐ後ろへ移動させました

クリックすると元のサイズで表示します


そして停留所へ到着し 降りる際に居ても立っても居られず 私は

運転手さんへ

「私と乗っていた親子連れ どこで降りたんですか?」

と尋ねたんです すると運転手さんは変な顔をして

「親子?この便に乗ったお客さんはあなただけですよ」

と言うんです


そんなはずはない!確かに親子が乗っていた! 運転手さんに

そう問い詰めようかと思いましたが そんなことを言っても

困らせるだけだと思い 私はバスを降ります

きっと私が見間違えたのだろう… そう思う事にしたんです

クリックすると元のサイズで表示します


ここからは いつもの見慣れた帰り道なのですが 私は怖くなって

しまって歩き出す事が出来ません 自宅まではどんどん人気の

ない所に入っていくので 今の状況でそこへ踏み入るのはかなり

勇気がいります

ですがそんな事は言っていられず 帰らなければいけません

私ってこんなに怖がりだったかな?と思いながら 早足で歩いて

いると 笑い声が聞こえた気がしました


思わず振り返って辺りを見回しても 暗い夜道には誰もいません

私は走って帰りたい衝動をグッとこらえました こういう時に

走って逃げるのはダメだと どこかで聞いた事があったのです

意識せず 自然体でいることが大切だと 自分に言い聞かせ

歌を口ずさみながら帰ります

クリックすると元のサイズで表示します


夜の住宅街は意外に音が聞こえてきます 人の会話なのか 

テレビの音なのか ふと気が付くと その音に混じって会話

している声が聞こえます

男の子の声で 戦隊もののヒーローの事を話しているようです

私はたまらず走り出しました ハイヒールを履いていたため 

すぐにスピードが落ちてしまいますが とにかく走って走って

走りまくります 恐怖からもう振り向く事は出来ません

クリックすると元のサイズで表示します


家に到着して開口一番「塩ちょうだい!」と私は叫びました

は驚いていましたが 私の剣幕に只ならぬ雰囲気を感じたようで

理由を聞かずに塩を振り撒いてくれました

これ以降 私はバスが苦手になってしまい 乗らないようにして

います

親子の姿や声も その日だけの出来事でしたが… 今思い返す

だけでもゾッとしてしまいます


http://www.genesis-ot.jp/
8
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ