カレンダー

2021
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

くわばら くわばら

西暦930年(延長8年)6月26日に起きた 清涼殿への落雷で

大納言・藤原清貫(ふじわらのきよつら)が亡くなった……………

その当時 平安京では 長い日照りが続いちょりまして 内裏でも

雨乞いのための相談が行なわれていた そんなおり清涼殿へ急に

雷が落ちてきた

それを見た人々は左遷された 菅原道真の怨霊による祟りだと

考えた

クリックすると元のサイズで表示します


現在科学で解明されちょりますが 当時の人々からすると 空から

得体の知れぬ光が降ってきて害を及ぼすわけぢゃから 

人外のもの の仕業などと非常に恐れられていた

また当時は 平安京以外でも多く落雷が発生しており このことを

全て流刑され 怒りと共に死んでいったであろう 道真のせいに

するのも当然だったのかもしれん

クリックすると元のサイズで表示します


菅原道真を恐れた当時の人々は彼を天神(雷神)として祀り 怒り

を沈めることにした 学者として非常に優秀であった菅原道真は

現在 全国の天満宮に学問の神として祀られている

怨霊であった道真が 現在その名声を復活させて祀られている

ことが 6月26日の雷記念日のきっかけなんぢゃ

クリックすると元のサイズで表示します


天満宮ちゅ〜名前は 道真が人々に雷神として崇められている

ことを表しているんぢゃ

現在の若者を含めた多くの方々は 雷よけのまじない

くわばら くわばら は言うことがほとんどない

まして くわばら くわばら ちゅ〜んか?

それにはちゃんとした言い伝えがある 道真の死後に各地で

続いた落雷が 彼の領地 桑原 には落ちなかったことから

唱えられるようになったということぢゃ


http://www.genesis-ot.jp/
8
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ