カレンダー

2021
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

岩棚の袋小路

ITで読んだ怖い話 ガタガタ((((;;OдO;lll))))ガタガタ


これは忘れもしない 俺が山で危うく遭難しかけた時の話です

山登りが趣味で 休みになるとあちこちに車を飛ばしては山登りを

しています まあ冬山登山みたいなガチ勢じゃなくて ハイキング

の延長みたいなお散歩コースにしか行きませんが……

それでも普段住む都会では見られない 尾根から見る山の景色は

絶景です その日も 俺は関西地方にある某山に一人で登って

いました 途中 コースの林道が崖崩れにあっていて迂回したりと

多少のトラブルがあり 予定から幾分か遅れた時刻になって

山頂に到着

クリックすると元のサイズで表示します


山には意外に人が沢山居るものですが 先行して山頂についた

人たちは皆既に下山の支度に取り掛かっています

俺もちょっと急がないとな と思い景色を楽しむのもそこそこに 

下山ルートへと向かいました

尾根を進み 踏み跡を辿るようにして歩いていると、やがて向こう

から50〜60代くらいにみえる男性がこちらに向かって歩いて

きます

クリックすると元のサイズで表示します


「こんにちは、どうしました?」

「途中でルートを間違えたみたいだ この先は途中で道が

荒れてとても進めない」


それが本当なら一大事です

俺はその男性と話をした結果 それならさっきの分かれ道が正しい

ルートだろうと結論づけ 男性と同行して一緒に進むことになり

ました 来たルートを少し戻り 途中の分かれ道から再び下山を

再開 歩きながら話を聞いていると 男性は俺のようなエンジョイ

派とは異なり 山に随分経験のある本格派のようです

クリックすると元のサイズで表示します


「百名山は全部登ったよ」

「へー すごいですね!」

と言った感じで 男性は経験の少ない俺を先導するようにどんどん

と前に進んでいきます こちらも 男性のその自信有り気な態度

からすっかり安心してしまい ただ後をついていくだけでした

最初のうちは特に問題はありませんでした。きちんとした道が

続いています けれど歩いている内にいつの間にか道が不明瞭に

なっていきました

登山道なのか獣道なのかはっきりしない道を歩いている内に 

こちらも徐々に不安が募ってきます

クリックすると元のサイズで表示します


「大丈夫なんですかね、これ 何か迷ってません?」

「登山道は場所によってはこんなもんだ 大丈夫」

「本当なんですか?」

「大丈夫」

こちらの問いかけに、男性は自信有りげに「大丈夫だ」と繰り返し

ます 俺は内心不安でしょうがありませんでしたが その場所から

一人で道を戻る自信もなく仕方なしに男性の後をついて歩きます

また暫く進むと やがて下り道と言うか 殆ど崖のような場所に

差し掛かりました


おいおい 本当にこんな所行くのかよ?と思い 流石に抗議しよう

としたところ… いつの間にか前を歩いていたはずの男性の姿が

何処にも見えません


え?置いていかれた?

慌てて周囲を見渡すと やがて崖下の岩場に男性らしき人影が

うずくまっているのを見つけました しかし様子が変です

クリックすると元のサイズで表示します


ピクリとも動かず 上から幾ら声を掛けても返事がありません

もしかしたら崖から落ちて怪我したのかもと 俺も覚悟を

決めてその崖を滑り降りました

何とか崖を降りきって男性に近づくと 何とその人影は死体

でした もう驚いたなんてもんじゃありません 白骨死体

しかも それが先程まで俺と一緒に歩いていた男性の服を

着ているんですから


はっきり言ってパニックです 人生であれほどビビったこと

もないでしょう 今すぐ死体が起き上がってきて襲われる 

なんて恐怖が沸き起こってきます

けれど逃げることは出来ませんでした

そこは二段になった崖の中腹のような場所で 先程滑り降りた

崖をまた登るか 完全に切り立った下の崖をさらに飛び降りる

かしか 進む先がないのです

俺はなるべく死体に近寄らないようにしながら 必死になって道を

探しましたがダメでした


岩棚の上の 進むも引くことも出来ない完全な袋小路 このまま

では俺もあっという間に「男性」の仲間入りです

その後 幾らか頑張ったものの遂にギブアップ

あの時 実は携帯の電波が繋がっていることを知った時は 

思わず声が出ましたよ 震えながら119番に連絡をし 

救助を要請しました

クリックすると元のサイズで表示します


結局 俺がヘリに救助されて下山したのは次の日のことでした

レスキューの人が言うには あの時「男性」と出会って一旦引き

返す前のルートで正解だったのだそうです

死体を見つけて欲しかったのか それとも仲間が欲しかったのか

今でもあの時の 救助を待ちながら狭い岩棚の上で白骨死体と

過ごした一晩の恐怖は忘れられません

クリックすると元のサイズで表示します



http://www.genesis-ot.jp/
9
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ