カレンダー

2021
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

地震・雷・火事・親父

昔からの諺に 地震雷火事親父ちゅ〜ものがある 確かに

時代が変わっても ある意味通用する事項ぢゃのぉ

クリックすると元のサイズで表示します


地震は昔に比べ 若干ぢゃが予知することが出来る様にはなった

しかし地震数分前などに緊急メールなどで告知する程度で 

数日前や数週間前などでは今の科学をもってしても不可能

クリックすると元のサイズで表示します


雷もウエザーニューズなどで 詳しくわかるようになっては来ちょる

ぢゃが雷の発生を阻止することなどは出来ない

クリックすると元のサイズで表示します


火事も昔よりは 防火対策などが向上しちょるが 火事自体無く

ならんし 山火事なども防ぎにくい

クリックすると元のサイズで表示します


親父 昔の頑固おやじの時代ならともかく 今の時代怖いおやじ

なんぞ 存在すらしない 万一そんな暴挙に出たら家では家八分

若しくは外ではおやじ狩りで 完膚なきまで叩き潰される


この諺 地震雷火事親父はもともと親父ではなく大山嵐 つまり

地震雷火事大山嵐 大山嵐の読み方はおおやじ

おおやじ=台風などのことである

クリックすると元のサイズで表示します


昔の日本は 父親が絶対なる権限を持つ家父長制であった

家父長制とは 父系によって機能する家族制度のことで 家長で

ある父親が 家族のメンバーを統率する家族のあり方を指し

このような道理や理論を軸とする社会的制度


家父長制でいう親父は 家族内で権力や権限を絶対的に持つ

ため 逆らうことなど到底できない これが転じて 世にも

恐ろしい「地震雷火事」に続くに匹敵する恐ろしい存在として

「親父」が使われるようになったと言われちょります


信じるも信じないも アンタ(σ-"-)σ 次第


http://www.genesis-ot.jp/
8
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ