カレンダー

2021
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

線香花火

究極の詫び錆びの職人技 いろいろあるが線香花火もその一つ

子供用の花火…… 線香花火を軽んじるな 江戸時代からの

300有余年の職人の知恵が盛り込まれちょります

クリックすると元のサイズで表示します


線香花火のはじまりは江戸時代 細い藁の先に 火薬をつけた

花火を香炉や火鉢の灰に立てて遊んだ 花火を立てた様子が

まるで仏壇に供える線香のようなので 線香花火の名が

付いたと言われてちょります

クリックすると元のサイズで表示します


線香花火は主に二種類でスポ手と長手

藁を持ち手とした線香花火はスボ手と呼ばれる 関西でメジャー

な線香花火のスタイル 一方関東では稲作がそれほど盛んでは

なく 藁が入手困難だったので 江戸でスボ手は広まらず 

代わりに細長くカラフルな和紙で火薬を包んだ長手が流行

これは現在関東を中心に スタンダードとなっちょる線香花火と

同様のもの

クリックすると元のサイズで表示します


線香花火の産地は全国各地にあった 特に福岡・愛知・長野は

花火の生産が盛んで 多くの花火職人や花火業者がいた

当初はもちろん100%国産でスタートした線香花火ぢゃったが

1970年代から 徐々に外国産の商品が流入するようになる

80年代になると 価格差におされて 廃業する花火業者が

出はじめる そして1998年 福岡にあった最後の一社が

廃業したことで ついに国産の線香花火は市場から姿を消して

しまった

クリックすると元のサイズで表示します


そんな事態を受けて 江戸時代から続く 日本の線香花火を

なくしちゃいけないと立ち上がったのが 東京の蔵前にある

玩具問屋・山縣商店の山縣常浩さん

ぢやが一度いなくなった花火職人の技は 簡単では無かった

試行錯誤を繰り返し 更にお金をかけて完成したのが2000年

地下鉄の大江戸線が開通した年だったから 名前に大江戸とつけ

更に牡丹は江戸で一番華やかだった花ということで国産線香花火

大江戸牡丹は人気商品になる

この江戸からの文化を守ってもらいたいもんぢゃと切に思う


http://www.genesis-ot.jp/
8
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ