カレンダー

2021
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

天ぷら

天ぷらをお好きな方は多いと思う 天ぷらは和食の代名詞みたい

な感じぢゃが 和食ちゅ〜たら厳密的には違う 天ぷらは輸入品

日本に天ぷらの調理法が伝わったのは室町時代である

鉄砲の伝来とともに 南蛮料理としてポルトガルから伝わったと

されちょります ポルトガル語のテンポーラ(temporas)四季に行う

斎日が語源という説がある

クリックすると元のサイズで表示します


ぢゃが その頃の日本では油は大変貴重なもの そのため油を

大量に使う天ぷらは高級品であり 庶民の口に入ることは滅多に

なかった ぢやが時代は過ぎて 江戸時代初期になると 油の

生産量が増え 天ぷらは江戸の庶民の味として 徐々に広まって

いきました その当時に発達したのが 日本のファストフードの

ルーツでもある屋台 寿司・うなぎ・そばなどの屋台とならんで

人気のあった天ぷらの立ち食い屋台では 串に刺した天ぷらが

おやつ感覚で食べられていた 江戸に広まった江戸天ぷらは 

薄い衣で味も風味を残す程度にして 天つゆをつけて食べる

スタイルだった

クリックすると元のサイズで表示します


文献に初めててんぷらが登場するのも江戸時代 1669年の

「料理食道記」に「てんぷら」の名称が記されたのが最初

現在の天ぷらと思われる料理法が 最初に文献に登場するのは

1748年に刊行された歌仙の組糸

クリックすると元のサイズで表示します


ここにはてんふらの作り方として てんふらは何魚にでも

饂飩(うどん)の粉まぶして 油にて揚る也 但前にある

きくの葉てんふら 又牛蒡(ごぼう) 蓮根 長いも其他

何にでもてんふらにせんには 饂飩の粉を水醤油とき塗付て

揚る也という記述がある この頃には現在とほぼ同じ天ぷらが

食べられていたようぢゃ


http://www.genesis-ot.jp/
8
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ