カレンダー

2021
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

与話情浮名横櫛

今の時代 古来からの文化などの伝承に問題があると自分は

思ぅちょります つまり過去の文化が忘れ去られていって行く

危機感がある 与話情浮名横櫛 歌舞伎の演目のひとつぢゃ

嘉永6年(1853年)5月江戸中村座にて初演 九幕十八場

三代目瀬川如皐作 世話物の名作のひとつに数えられる

読み方は よわなさけうきなのよこぐし ちゅ〜ふうに読む

クリックすると元のサイズで表示します


この作品術把に基づく話

大まかなあらすじは 江戸の大店伊豆屋の若旦那(じつは養子)

の与三郎は故あって身を持ち崩し 木更津の親類に預けられた

春の潮干狩りの時分、木更津の浜をぶらついていた与三郎は

お富とすれ違い 互いに一目惚れしてしまう

ところがお富は 地元の親分・赤間源左衛門の妾 その情事は

露見し 与三郎は源左衛門とその手下にめった斬りにされるが

源左衛門はこの与三郎をゆすりの種にしようと 簀巻きにして

木更津の親類のもとへ担ぎ込もうとする いっぽうその場を

逃げ出したお富は 源左衛門の子分の海松杭の松に追われ入水

するが 木更津沖を船でたまたま通りかかった 和泉屋の大番頭

多左衛門に助けられる


そしてそれから三年 与三郎はどうにか命を取り留めたものの

家を勘当されて無頼漢となり 三十四箇所の刀傷の痕を売りもの

にする「向疵の与三」として悪名を馳せ お富は多左衛門の妾と

なっていた

クリックすると元のサイズで表示します


或る日のこと 与三郎はごろつき仲間の蝙蝠安(こうもりやす)

に連れられて 金をねだりに或る妾の家を訪れた ところがそこに

住む女の顔をよく見れば なんとそれは三年前に別れたきりの

お富である 片時もお富を忘れることのできなかった与三郎は

お富を見て驚くと同時に またしても誰かの囲いものになったかと

思うとなんとも肚が収まらない


ここで恨みと恋路を並べ立てる「イヤサこれお富 ひさしぶり

だなア…」の名科白がある 


やがて多左衛門が来て そのとりなしで与三郎と安は金をもらって

引き上げる

クリックすると元のサイズで表示します


最近民放は 時代劇はお金がかかるちゅ〜理由で 制作しない

だからこそNHKが 昔からある時代ものを作っていくべきだと思う

若い世代に 無法松の一生・堀部江安兵衛・宮本武蔵下がり松の決闘

勧進帳…………を作ってほしいし 過去に作った時代劇などもっと

再放送して欲しい

てな訳で今日は春日八郎さんのお富さんを


クリックすると元のサイズで表示します


https://www.youtube.com/watch?v=zVpdiCVzIJI

この曲は1954年の歌 漏れは生まれちょりません 多分


http://www.genesis-ot.jp/
8
投稿者:監督

天気晴朗なれど波高し

今朝も早くから釣りに行く 秋のこの時期の青物釣は まさに試練

の場 坊主は当たり前 ひたすらヒットを信じ 投げては巻きの

繰り返し 釣りに行くときには いくら近場とはいえ4時過ぎには

起床する

クリックすると元のサイズで表示します


駐車場から釣り場までは 懐中電灯が無ければ歩けんほど そう

日の出前には準備しちょかんにゃぁいけん 釣り人は皆早起きぢゃ

早い人は5時ごろには来る なんで? 場所どりのためぢゃ

回遊魚はピンポイントではなく どこにだってチャンスはあるが

やはり実績の高いところに入りたい心境は判る

クリックすると元のサイズで表示します


本日は北風がぶち強い 白波がたって投げにくい PEラインが

風に流され扱いにくい 土曜日ぢゃけぇ人も多い 今日はナブラが

全く起きん あんまし風が強いけぇ 肌寒く感じる

どうせ駄目なら………… と思い風裏に入る ここはオイラは

好きな場所 ぢゃが青物狙いには不人気で いつも空いちょります

ここに変わって3投目 着底後から巻き始めてすぐに

        キタ・:*:.・,・ヾ(w´∀`w)ノ。・:*:.・,・ァ

アタリはあったが引きは そねぇに強くない エソやマゴチではない

鋭角的な引きなんぢゃが トルクが無い引き…………

そう もうお分かりの方もおるぢゃろぅ

クリックすると元のサイズで表示します


サゴシ殿である! 大きさはたぶん50cm程度 この大きさは

サワラとは呼ばん 今日なんかコツ!ちゅ〜あたりがあったが

サゴシがおおかた入っちょったんぢゃろぅ 一応ジグはサゴシ対応

の物を使用した

クリックすると元のサイズで表示します


早速帰ってから 西京焼き用にいたしました…………

釣れた時間は子全8時13分でつ


http://www.genesis-ot.jp/
5
投稿者:監督
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ