カレンダー

2021
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Dying of the Light

22年前にCIAのレイクを監禁して 拷問をした過激派テロリストの

ムハメド・バニール 余りにも酷い拷問で これ以上だと死に至ると

いう時にやっとアメリカのCIAによる救出作戦で助け出される・・・

クリックすると元のサイズで表示します


レイクは現場復帰を望むものの 認知障害を伴う深刻な脳の病

FTDに冒されたことを理由に引退勧告される 失意のレイク

だったが 宿敵バニールの居場所を突き止める重要な情報を手に

入れたことで 残り少ない余命をバニールへの復讐に費やす決意

をする

クリックすると元のサイズで表示します


レイクはバニールへの復讐心を果たす為 腹心の部下ミルトンの

協力を得ることで 自らバニール探索のために動き出す

急に感情が高ぶったり 不安や憂鬱に陥るなどFTDの症状が

見え始めてきたことに焦りを感じながらも・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します


レイクとミルトンは 宿敵バニールが重度の貧血症に冒されて

死が近づいていて ルーマニアの医師の投薬治療を受けていたと

いう情報を手に入れる

クリックすると元のサイズで表示します


二人はルーマニアに行き そこでバニールが服用する薬品の取引

が近々あると知り 旧知の女スパイ・ミシェルの協力で薬の行き先を

探りバニールの生存の確証を掴む

クリックすると元のサイズで表示します


バニールへ渡す薬を 医者に化けてケニアに飛ぶレイク・・・・そして

恐るべき執念で敵のアジトである場所を突き止める そこには昔の

面影すら失せたバニールがいた・・・・

クリックすると元のサイズで表示します


目の前の敵がいる中で レイクの頭に巡る拷問の場面がフラッシュ

して 意識が混濁してしまう・・・・・・レイクは復讐を果たせるのか?

クリックすると元のサイズで表示します


2014年のニコラス・ケイジ主演の映画ぢゃ 前頭側頭型認知証を

患った演技が光る 派手なアクション映画ぢゃぁばいが 面白い

映画といえるぢゃろぅ 好評レンタル中〜


http://genesis-ot.jp/

3
投稿者:監督
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ