カレンダー

2019
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

私的考察

TVや新聞で 1年以上あ〜だこ〜だと騒がしちょる森友問題

その矢面に立つ安倍内閣 なしてこねぇに叩かれるか?

野党を含め新聞・TVは安部憎しなんぢゃ そしてなんとしても

退陣させたくてしょうがない

まずはTVなどのメディア これらは放送法4条に基づいて放送

しなければならん

第四条  放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。

一  公安及び善良な風俗を害しないこと。
二  政治的に公平であること。
三  報道は事実をまげないですること。
四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。
2  放送事業者は、テレビジョン放送による国内放送等の放送番組の編集に当たつては、静止し、 又は移動する事物の瞬間的影像を視覚障害者に対して説明するための音声その他の音響を聴くことができる放送番組及び音声
その他の音響を聴覚障害者に対して説明するための文字又は図形を見ることができる放送番組をできる限り多く設けるようにしなければならない。


現実守られちょりゃぁせん! 左翼的な某放送局や 捏造慰安婦

放送局など皆さんご存知のとおり 今日の読売新聞 ↓

クリックすると元のサイズで表示します


安倍政権が検討している放送制度改革の方針案が明らかになった

テレビ・ラジオ番組の 政治的公平を求めた放送法の条文を撤廃

するなど 規制を緩和し 自由な放送を可能にすることで 新規

参入を促す構え 放送局が増えて より多様な番組が流通する

ことが期待される一方 党派色の強い局が登場する恐れもあり

論議を呼ぶのは必至だ 規制の少ないインターネット通信と放送で

異なる現行規制を一本化し 放送局に政治的公平などを義務

付けた放送法4条を撤廃するとともに 放送に認められた簡便な

著作権処理を通信にも適用する

クリックすると元のサイズで表示します


つまり現行の左翼の巣窟のようなTVや新聞を自由化し 国民が

自ら報道の真意を理解できるシステムを構築する狙い

ITの無い時代 新聞やTVで反日のようなフェイクニュース(例えば

従軍慰安婦・森村誠一「悪魔の飽食」の731陸軍石井部隊)で

多くの国民は嘘を信じた なぜなら報道やニュースは嘘をつかない

という原則に基づいてぢゃ ITの普及と共にもう国民は騙されなく

なった いくらマスコミが騒ごうが安倍内閣支持率は下がらない

その支持率だって嘘か本当かわかりゃぁせんけどな!

退陣させるためのキャンペーンが1年近く続く

さらに野党


クリックすると元のサイズで表示します


平成30年3月13日(火)極左・暴力労組『連帯ユニオン関西地区

生コン支部(執行委員長:武建一)』(大阪府大阪市西区川口

1丁目)に奈良県警・大阪府警のガサ入れがはいった


辻元の支援団体の一つに 通称関西生コンという朝鮮産砂利の

輸入元締めがある 安倍政権下になってから経済制裁で 朝鮮産

の砂利は輸入制限処置になり 東京オリンピック特需の今尚輸入

制限が解除されない 辻元はなんとしても安倍政権を倒して 

スポンサーの関西生コンに顔向けしないとまずい 地元の国有地

払い下げに目をつけて ここまでの森友問題に着火した張本人

その張本人が 今まさに支持母体ごとヤバくなってる 朝鮮系の

部落利権が噛んでいるから 聖域だの妄言吐いてるけどただの

乞食の集まりだからねこれ マスコミが報道しないのは 

まぁいつも通りのこれぞまさに忖度だね


上記もえるあじあ様抜粋記事

http://www.moeruasia.net/archives/49598932.html

これからは各自が何が真実で何が嘘かを考える時代になる


http://www.genesis-ot.jp/
4
投稿者:監督
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ