カレンダー

2019
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2018年渓流総括

今日で山口・広島・島根3県は渓流シーズン終了する 解禁中の

半年の ぬゎんと早いことか !!!! 今年は皆さん如何ぢゃったかの?

フライショップを営んで30年弱 確かに昔とは異なって来ちょります

クリックすると元のサイズで表示します


平均気温が上ることにより水温も上昇 また土石の流入により

渓が浅く埋まったりしている 昔に比べ鱒達は釣れ難くなっちょり

ます 鱒が減ったことは無いと思うが 警戒心の上った鱒の子孫が

増えてきた感じがする 今現在は釣る人は釣れる 釣れん人は

釣れん フライの世界も二極化が進んぢょります・・・・・


両者を分けるのは何? 大きく分けて 先ずフライ・次に選択肢・

テクニカルキャストなどのキャスティング

クリックすると元のサイズで表示します


昔は各サイズのパラシュートとエルクヘアカディスがあれば事足りる

などと言われたが 今は状況により多くのフライを駆使しなければ

ならん フォームフライ・ニンフ・イマージャー・テレストリアルなど

季節などを考慮しないと難しい 次に選択肢時期により春場強い

場所 夏場強い場所など水温が関係している 毎回同じ場所ばかり

入渓してる人を見かけるが 結果は知れちょります

フライや場所を含めた選択肢が重要になる

クリックすると元のサイズで表示します


一番問題がキャスティング 出来れば習われた方が良いのだが

我流でも何とかなる ただしテクニカルキャストを理解し出来る様に

なると全く釣果が変わっていく 釣れない人はほぼ真っ直ぐ投げて

いるだけ フライの前に先にフライライン・リーダー・ティペットが

警戒心の強い鱒の前を通り過ぎていく・・・・ 鱒の最大の天敵は鳥

水面上の違和感は鱒を神経質にさせる 解禁当初の放流魚なら

いざ知らず 生き残った鱒は違う

ではどうしたら釣れる様になるか? フライのプロショップで色々

習えばよい

σ( ̄。 ̄)は上手いフライフィッシャーではない ぢゃが日夜

お客さんの為の努力は惜しんぢょりません そういうσ( ̄。 ̄)も

上手い人に判らない事は習っちょります

せっかく始めたんぢゃけぇ 釣れる様になっていただきたい

渓流のシーズンは終わっても もう来年の準備が始まっちょる人も

おります お客さんの縁の下の力になりたいので どんどん利用

してくだされ


http://www.genesis-ot.jp/


クリックすると元のサイズで表示します

http://www.genesis-ot.jp/sege%20new%20rod.html
5
投稿者:監督
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ